観光コンサルタント西川丈次(じょうじ)ホスピタリティ・コンサルティング|ブログ

観光コンサルタントが経営支援するホスピタリティ・コンサルティング・ブログです。観光業界・旅行業界・旅館・ホテル・旅行会社・バス会社・タクシー会社・観光協会・地域活性化のために、ホスピタリティ・創客による未来へ続く企業づくりと観光まちづくりを応援します。

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メールは怖い!

伝えたいことを伝える方法が、
時代と共に変化してきました。

いつの時代になっても、
一番良い方法は、
やはり直接逢って、
顔を見ながら話すこと。

しかし、今のビジネス社会では、
日本あるいは世界中の各地にいる人と
話をしなければならない時代になりました。

そして、
今は、メールがその距離、時間を超える
通信手段として
その多くを占めるようになったのです。

忙しいだろうからメールで。
急ぎじゃないからメールで。
返事は後でも良いからメールで。
コストがかかるので。

いろんな理由があることは分かります。

しかし、

メールで伝えたいことを、
ちゃんと伝えることは難しい。


「今、電話しても大丈夫ですか?」と、
相手を気遣ってメールすることもあります。

返って来た返事は、
「メールでお願いします。」

きっと忙しいのだろう。
電車で移動中かな?
お客様と商談中かな?
と、考えたりするのです。

しかし、顔を見ながら、
あるいは声の様子を
伺いながら話すものとは違い
やはり、メールとは一方通行の
通信手段に過ぎません。

そこに書く文字は、
時に誤解を生み、
時に武器にすらなる。

メールとは便利なようで、
実は不便な道具なのです。

使い方を誤ると、
思ってもみない誤解を招いてしまうもの。

そして、それは話したくない相手
話し難い内容のことから
逃げる道具にすらなってしまっているように思うのです。

やっぱり、これは良くないことだと思います。


今日、ご一緒した社長は
大きな転換期を今まさに迎え、
一日中電話がそばから離せない状態でした。

遠方の方や海外の人とも話をされていたので、
距離・時間を考えると、直接それらの人と
今日一日という限られた時間の中で
逢って話をすることは不可能です。

電話しか術がありません。

そして、かかってくる電話の会話を
そばで聞いていてもらいたいとのことで、
ずーと、今日はその会話をそばで聞いていました。

怒りを感じる。
落胆を感じる。
そして、希望を感じる。

一言一言が心に響いて来ました。

やはり、顔は見えなくても
直接話すことで想いは通じるのです。

大切なことを伝えるためには、
メールはあくまで、
逢って話す、電話で話す、
の補足手段に過ぎないと考えるべきです。


メールで「伝わった」と思い込む危険性を
今日一日感じてました。

「伝わった」のではなく、「言った」に過ぎない。
「言った」は、本人が言った言葉
「伝わった」は相手が受け取った内容。

これが違っていたらと思うと、
ぞっとする。

もちろん、直接話しても、
すべてを伝えきることは難しい事です。

だからこそなお、
何でもかんでもメールで片づけず
アナログ的な会話をより大切にしたいものです。


西川丈次(にしかわじょう)

「西川丈次のブログ」 応援クリックよろしくお願いします
人気ブログランキングへ



| 観光コンサルティング | 01:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伝えたいことを伝える勇気

今日は事務所で一日仕事をしていました。

お昼になると、いつもの事ですが・・・

「今日はどこにする?」
スタッフと相談します。

食事場所ではなく、「出前」です。

が、今日は本当に久し振りに外食に出ました。
いつも忙しい忙しいと、出前にスタッフを
付き合わせる訳にも行きませんから・・・

しかし、暑い
少し歩いただけで、倒れてしまいそうなくらいです。


その帰りに、郵便局に立ち寄りました。

「出てないですね~!」
と局員が二人揃って声をかけてくれました。

「切手」のことなんです。

実は、1か月近く前の事です。
大切な友人に、どうしても読んでもらいたい本があり
送ろうと、その郵便局に立ち寄った時の事です。

「記念切手で、お願いします。」
とお願いしたのですが、
重さを計った瞬間に、
切手に代わるラベルシールを荷物に貼られたのです。

「いえ、切手でお願いしますと言いましたよね。」
「大丈夫です。これでも届きますので。」

確かに、それで郵便物が届くことは分かっています。
しかし、

届けば良い。

ではないのです。


以前にも書きました。

「もの」から『こと』へのこだわり

が私にはあるのです。

確かに、郵便物は届けば良いのです。
確実に届くか、より早く届くか・・・
それらは「もの」です。

私は、きれいな図柄の記念切手を
張って送りたかったのです。

郵便物を受け取る方が、
それに気付いて下さるかどうかは分かりません。
しかし、20年以上私はそうしています。

受け取る方が、季節を感じたり、
切手にほのぼの感を感じてもらえればうれしい!
そういった『こと』を大切にしたいと思っています。

その時も理由を言って、
張り替えてもらいました。

その時の印象が強かったのでしょうか?
それ以後も、また変な奴が来たと思われているかもしれませんが、
郵便局に行く度に、
「記念切手出ていませんか?」
「これはちょっとイメージがちがうなぁ・・・」
と、買わないで帰ることもしばしば・・・

これだ!と思った時には一気に何シートも買い求めます。
やっぱり変な客なのでしょうね。

覚えられてしまったのか、
最近は、「出てないですね~」と声をかけてもらっています。


ここ数年は、たくさんの記念切手が発行されています。

しかし、

≫ 続きを読む

| ホスピタリティ(おもてなし経営)コンサルタント | 00:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奇跡の出逢いに軌跡を残す

良いサービスを受ける力のない人に
良いサービスは提供できない


長く言い続けて来た、私の持論です。

これが良いサービスなのだと、
感じ取ることができなければ、
同様、あるいはそれ以上のサービス提供者には
絶対になれません。

人の悪いところしか目に入らない人もいます。
あそこが良くない。
ここが気に入らない。

どれも間違っている訳ではないのです。
ごもっともな意見がほとんどです。

でも、
そんな意見を聞いていると、
段々と私は悲しくなって来ます。

その批判を浴びている人たちの中には、
一生懸命にやっている人もいるのです。
ただ、どうすれば良いのかを知らないだけ。
周りに教えてくれる人がいないだけかもしれません。

人の批判をして、
得意がっている場合ではありません。

その人に、こうすれば良くなるって教えてあげて下さい。

その人に、変わるチャンスを差し上げて下さい。
それを出来るのは、
気づいたあなたなのです。

そして、
今度はその人の良いところを
探してあげましょう。
今まで気づかなかった素敵な部分が
きっと見えてくるはずです。


先日お邪魔したお店で、
「こうしたらもっと良くなると思いますよ。」
と、気になったところを
その場で声をかけました。

その方は、その瞬間に店の他のスタッフにも
すぐに伝えて下さったようです。

次にサービス提供をして下さった方は、
即実行でした。

おかげで気持ちの良い時間を
過ごすことができたのです。


そして、今日その店からお手紙をもらいました。

≫ 続きを読む

| ホスピタリティ(おもてなし経営)コンサルタント | 00:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やせました!

この1週間で、マイナス1.5kg。

体重のことです。
2年ほど前に10kg強落としました。
その時は意識して、そうしました。

しかし、今回はちがいます。
ものが食べられず、
昨日出張から帰ってから、
ヘルスメーターに載ってビックリ!

実はこの1週間ほど、
疲れからか、ものが食べられません。
実は、肩がこり、かみ合わせが悪くなって、
ものが噛めないのです。

健康は大切です。
そして、歯はそれを支える大切なものです。
皆さんも気を付けて下さいね。


私は数年前に、

「創客」

という造語を作りました。

ただ単にお客様を集めるだけの「集客」ではなく、
その企業に高い信頼性を感じ、
次も、また次もと
繰り返し利用してもらうお客様。
口コミで、その素晴らしい体験を広めて下さるお客様。
そんなお客様を創り出さなければならない、と。

今、その成果が新しいビジネスの扉を開こうとしています。


『創客』に必要なことは、
既存の当たり前からの脱却です。

これしかありません。

しかし、それを実行していたつもりが、

周りが追い付いてきた。
お客様が変化している。

今、正しく自分達がそんな状態の中にあることに
気付いていないということがあります。

お客様が変わらず来て下さっているから、
間違っていないのだ
ではなく、

次のステージに踏み込む勇気を
経営者は忘れてはいけません。

まだ、これも出来ていないのに・・・
そんな言い訳をしていると、
時代の頭は掴めません。

「パラダイムシフト」

が、起こっているのです。

市場が大きく変化し、
お客様が変わり始めています。

しっかりと次の準備をして下さい。


そうしないと、
歯が痛くなり、
物が食べられなくなりますよ。

健康な時にこそ、
自己管理が大切です。

経営も同じですね。

西川丈次(にしかわじょうじ)

「西川丈次のブログ」 応援クリックよろしくお願いします
人気ブログランキングへ










| 観光コンサルティング | 13:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢を追いかけて

昨日から、新潟に来ています。

出逢いは、もう10年以上も前になります。

本当に熱い社長です。
その出逢いから、私達の夢ははじまりました。

そして、3年程前に
赤坂プリンスホテルの一室で
夜中まで、新たな目標に向けて
互いの夢を語り合いました。

人生観。夢。
そして、目の前の現実・・・
「それは甘い!」
「それは素晴らしい!」などと言い合いながら・・・


私は、その夢を叶えるために、
今年、起業をしました。

そして、その社長も今、
大きな転換期を迎えています。

互いに語り合った夢に向けて、
確実に大きな一歩を踏み出しました。

しかし、その道は決して甘いものではありません。
正直、もがいています。
苦しんでいます。
押しつぶされそうなプレッシャーを
強く感じています。
どうしようもないくらいに、
落ち込んでしまうこともあります。

しかし、信じる道を
誇りを持ってしっかりと
そして、一生懸命に歩んでいきたい。


今日、大食漢の社長が、
珍しく、食事が喉を通らない・・・
と、苦しそうな表情をされました。

大丈夫ですよ!
一緒に考えましょう。
必ず、扉を開く鍵はあります。

そして、
「今日、西川さんに来てもらって本当によかった!」と。
熱いものが胸に込み上げてきました。
泣き虫な私は、もう少しで・・・  

夕食後も深夜まで
目の前に困難をどう乗り越えるか、
話し合いました。
互いの持つ知恵と勇気を出し合いながら・・・

ほんの少し、明かりが見えたかな・・・


やはり、信じたこの道を歩いて行くしかない!
「この道を選んで本当に良かった。」と、
そう心から思える時まで。
それが、私の与えられた役割。
ただ、その役割を果たそう。

関わる全ての人の笑顔のために!


今年に入ってからも、
本当に素晴らしい多くの出逢いに恵まれている。

厳しい言葉をかけてくれる人がいる。
うれしい言葉をかけてくれる人がいる。
すべての方々の優しさに出逢えたことを
本当に幸せに思う。


強く願えば、
必ず道は開かれる。
だから、あきらめないで
やっぱり考える!

夢に向かって頑張っている人が
私は好きです。

そんな人達の明日のために
ほんの少しでも役に立てるならば、
やっぱり素直にうれしい!

迷った時、
押しつぶされそうになった時は、
思い出して下さい。

「大丈夫です!」

重い扉の向こうには、
きっと素晴らしい明日があります。

しかし、その扉を開く鍵は
今を一生懸命に生きる人にしか与えられません。
その鍵は、目の前にあります。
だから絶対にあきらめてはダメですよ。

西川丈次(にしかわじょうじ)



「西川丈次のブログ」 応援クリックよろしくお願いします
人気ブログランキングへ













| 観光コンサルティング | 02:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT