FC2ブログ

観光コンサルタント西川丈次(じょうじ)ホスピタリティ・コンサルティング|ブログ

観光コンサルタントが経営支援するホスピタリティ・コンサルティング・ブログです。観光業界・旅行業界・旅館・ホテル・旅行会社・バス会社・タクシー会社・観光協会・地域活性化のために、ホスピタリティ・創客による未来へ続く企業づくりと観光まちづくりを応援します。

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

求められる幸せ

「Dr.コト―診療所」
をご存じの方も多いと思います。

2003年にフジテレビ系列で放送された
テレビ番組を観て、私(西川丈次)は、
すっかりその番組のファンになってしまいました。

この番組は、
2000年から小学館の「ヤングサンデー」に
連載された漫画を元に作成されたそうです。

無題

しかし、
実はこの漫画には、実在するモデルとなる方がいらしたのです。

30年間にわたり離島診療に携わって来た
瀬戸上健二郎先生が、その人です。
そして、その舞台となる島が鹿児島県川内市の
「甑島:こしき島」なのです。

瀬戸上先生は2008年3月、
67歳で定年を迎えられたらしいのですが、
島の住民からの熱い要望に応え、
現在も現役で、島の診療を守っておられる方です。

「おもてなしセミナー」を昨年から
鹿児島でさせていただいています。

昨年の講演終了後に、
鹿児島県の観光プロデューサー
奈良迫先生から話がありました。

「1月は川内市ですが、
 逢ってもらいたい人がいるのですが、
 ご都合が良ければ、如何ですか

それが瀬戸上先生だったのです。

是非、逢いたい

そんな私(西川丈次)の願いを、
多くの方々のご協力で実現できたのです。
本当に感謝です。

昨日、お忙しい中に時間をいただき、
瀬戸上先生に逢って来ました。

DSC03895.jpg

とても魅力的な先生でした。

―どうして離島診療を選ばれたのですか?
「開業までの休暇だったのです。
 しかし、島に来て、
 ここの人が好きになっちゃって、
 気付いたら30年でした。」

「同じ仕事をするならば、
 求められる所でした方がやりがいがある。」

「ここに居続けること理由は、
 この島の人が好きだから。」

笑顔でお話しいただく
先生の足元を観た時に、
胸が熱くなりました。


履かれていたのは、
わら草履でした。

島の方から贈られたのもだそうです。

部屋の中には、
たくさんのわら草履がありました。

好きな仕事をさせてもらっている
私(西川丈次)です。
私にもまだまだ出来ることがあるはずだ。
求められる限り、
その方々のために時間を使いたい。


好きな仕事を、
誰のために(どこで)するのか…。

そこに価値がある。

町にいらしたら、
何倍もの収入を得られたはずです。
しかし、
瀬戸上先生は、
もっと大切なものを島の方々から
得られたのではないでしょうか?

格好良すぎる生き方です。
しかし、
それを本当にできる志と勇気を
持てる人は少ない。
だから、すごい人なのです。
だから、
輝いて見えるのかもしれません。

とても大切なことを、
瀬戸上先生から教えていただきました。

先生に逢う前に観た
朝焼けです。

DSC03875.jpg
        下に薄らと見えるのが本土鹿児島の開聞岳。

誰にも太陽は、平等にその光を注いでくれます。
しかし、
その光を、眩しいと下を向く人。
その光に強いエネルギーを感じ、吸収する人。

新しい朝です。
昨日と比べて、あなたは成長しましたか?
太陽に話しかけられたような朝でした。


■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
       「応援3クリック」をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝

スポンサーサイト



| おもてなし(経営)セミナー 講演 講師 | 07:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |