FC2ブログ

観光コンサルタント西川丈次(じょうじ)ホスピタリティ・コンサルティング|ブログ

観光コンサルタントが経営支援するホスピタリティ・コンサルティング・ブログです。観光業界・旅行業界・旅館・ホテル・旅行会社・バス会社・タクシー会社・観光協会・地域活性化のために、ホスピタリティ・創客による未来へ続く企業づくりと観光まちづくりを応援します。

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「おむすび」に込めた想い

おにぎりじゃない。「おむすび」なんだ!

「京都府福知山 大雪警報」

私(西川丈次)の故郷は、
京都府下の福知山です。

子供の頃に比べたら、
温暖化の影響でしょうか、
昔ほど雪は降らなくなりました。

しかし、先日テレビを観ていたら、
画面の上に大雪警報として、
我が故郷の名前が出ていました。

お正月に帰省した30日にも、
一晩で25cm程積りました。

翌日、翌々日のニュースを観てビックリ、
鳥取(米子)地域で1000台の車が立ち往生。
車の中でお正月を迎えた人たちがいたとか…。

昨日、その地域にある
クライアント企業を訪問してきました。
なんと、その1000台の中の5台は、
その日に業務に就いていた
その会社のスタッフだったそうです。

そして、会議をしていると、
午後からまた雪が降り始めました。

帰る時には社長から、
「もし電車が止まるようなことがあれば、
 連絡を下さい。
 迎えに行きます。」

と、ありがたいお言葉をいただきました。


年末からのニュースでは、
朝、家の前に立ち往生する車から
トイレを貸してほしい、
とSOSがあったとか。
それで、
大変な状況になっていることに気付いた
住民が看板を用意したそうです。
「トイレ貸します。」

住民同士が協力・手分けして、
「おむすび」を用意して、
立ち往生する車に配った。
そんな記事を後日読みました。

寒い毎日の中に、
心温まる話です。

私(西川丈次)は、
クライアント企業に
募集型の旅行事業に参入してもらう時に、
お願いする項目がいくつもあります。
成功するためのノウハウです。

その一つに、
「朝食を付けて下さい。」
というものがあります。

朝食とは、おにぎりです。
おにぎりを2個でよい。
必ず恒常的にこれを実施して下さい。
とお願いをしています。

バス旅=旅
旅は、やはりおにぎりです。
パン食が多くなった今だからこそ、
旅=おにぎりにこだわってもらっています。

もう一つの理由は、
それをおにぎりと言わずに、
「おむすび」と言っています。
つまり、
お付けする「おむすび」は、
企業とお客様との「心を結ぶもの」

位置付けているのです。

朝食は付けたら良いのではない。
単に配るだけの朝食であれば、
経費の無駄遣いです。

「お客様との心を結ぶもの」
毎回、配る度にそれを思い出しながら、
「想い」を届ければ、
お客様との絆はむすばれ、
強まるものです。

だから、「おむすび」にこだわるのです。

立ち往生した車に配られた「おむすび」
「大変だったね。」
「頑張ってね。」
「身体を壊さないように。」
「懲りずに、また来てね。
 帰って来てね。」
たくさんの「想い」が込められ、
結ばれた「おむすび」だったことでしょう。


車窓に吹き付けて来る雪を観ながら、
「おもてなし」って、
誰もが持っている優しさを、
言葉や行動に移した時に、
形になるものである
と強く感じてました。


■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
       「応援3クリック」をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝

スポンサーサイト



| ホスピタリティ(おもてなし経営)コンサルタント | 08:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |