観光コンサルタント西川丈次(じょうじ)ホスピタリティ・コンサルティング|ブログ

観光コンサルタントが経営支援するホスピタリティ・コンサルティング・ブログです。観光業界・旅行業界・旅館・ホテル・旅行会社・バス会社・タクシー会社・観光協会・地域活性化のために、ホスピタリティ・創客による未来へ続く企業づくりと観光まちづくりを応援します。

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本物の人にしか本物はつくれない

「奇跡のワイン」

私(西川丈次)は、
不器用なくらいに
真っ直ぐな方が大好きです。

その一人に
今日は逢いに行ってきました。

宮崎の「都農ワイン」
赤尾誠二さんです。

以前にもこのブログで、
紹介をさせていただきました。
http://tourismbiz.blog34.fc2.com/blog-entry-429.html

本当にとても素晴らしい方なのです。

ひとつのワインを造るために
15年の歳月を掛けて土から改良
をして、
その「奇跡のワイン」を造り出した方です。

今日はゆっくりと時間をいただいて
話を伺いました。

その言葉に
またまた感動してしまいました。

赤尾誠二さんが先ず案内下さったのが、
クヌギの森でした。

DSC05763.jpg

そこで話されたのが、
生態系の話。
土の話でした。

「この土のにおいをかいで下さい。
 これが健康な本当の土です。」
DSC05768.jpg

如何に土が大切であり、
土の力がよい植物を育てる、
といった力のある話でした。

その後には、
ぶどうの樹の畑に。

DSC05779.jpg
たわわとなったぶどうが、
宮崎の太陽を受けて輝いていました。
さぞかし美味しいワインになるのだろうと伺ってみると、
「この樹は、まだ駄目です。」
―若いのですか?
「そう、まだ実って3年の樹ですから…。」
―一体どれだけ手間と時間がかかるのか…。

樹の下には雑草が一杯。
―草は刈らないのですか?
「そろそろですね。月がよくなって来ましたから…。」
―?

「生物は、月の動き(満ち欠け)で成長をします。
 月の動きが
 それを教えてくれるのです。」

ワインづくりに月の満ち欠けが…。

薬の力を最小限度にとどめるには、
自然を強制したらイケないのです。

そうなんです。
宮崎でワインなんて造れるはずがない。
と言っていた先駆者たちが、
今では、その多くの方が
ここ「都農ワイン」に教えを請いに来る。
その訳がここにあるのです。

などなど、書ききれないくらい
たくさんのことを学ばせてもらいました。

ワインは通常、瓶づめ前には
殺菌処理のために熱を加えるそうです。

しかし、
「都農ワイン」は、それをしていません。
病院より無菌室だという部屋の中で
詰められているから安心なんだそうです。

―それって「生ワイン」ってことですよね。
 なぜ?それをうたわないのですか?
「嫌いなんです。そう言うの…。
私達にとっては、それが当たり前なんです。」
淡々と語る赤尾誠二さんに、
ワインのつくり手の誇りを感じました。

いやはや、本当にすごい方です。

今回の訪問では、
「うめわいん」を求めました。
この7月18日に発売を開始されたものです。

焼酎にウメを漬けて造ったものではなく、
ワインと同様に、
ウメを絞って熟成させたワインです。

これはっきり言って、
美味いです。

後ろ髪を引かれるように
赤尾誠二さんに見送られての帰路になりました。

みなさん!
「都農ワイン」に一緒に行きませんか?

ここには本物と本物を造る人がいます。
熱いですよ

もっと上手く生きることもできるだろうに…。
と思ってしまいましたが、

あなたも(西川丈次)も同じだね。
そんな声が聞こえてきました。

逢うべくして逢った方です。
DSC05800.jpg

そう感じています。
この方に学べ!と。


■週3回配信のメルマガ
http://www.tourism-biz.com/report/index.html

「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

旅行業界向けのセミナーを開催する。
 8月25日(東京)、26日(大阪)
http://www.tourism-biz.com/seminar/index.html

「西川丈次のツイッター」に加え、
 つい先日から「facebook」にチャレンジ…。

まだお友達が少なくて…
私(西川丈次)を友達に加えて下さい。
よろしくお願いします。


■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
       「応援3クリック」をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝


スポンサーサイト

| 着地型観光 | 23:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無駄なコストはそこにある!

コストはね。
削減する以上に、
使ったコストを活かす事が大切なんだよ。
それは無駄なコストじゃなくて、
無駄にしている自分自身がいるだけなんだ。
それに気付いた企業が、
次の時代の頭を掴むんだ。
そう思います。

と、つぶやいていたら
どう活かせばよいかって?

めんどくさいこと。
手間のかかること。
嫌なこと。

を、すぐに実行に移すこと。

そこに出来ない言い訳を言わない!

その中に、本当に実行しなければならない事。
そして、それを思い切って実行すれば、
使ったコストを活かせる策が見つかるんです。

やる前からダメ!?

だからいつまで経っても、
無駄なコストを使い続けるんですよ。

それは無駄なコストで、
これは必要なコスト。
本当にそう
そう思い込んでいるだけじゃない???

プラスのコストを使えば、
そのコストは
格段に生きるかもしれませんね。

使ったコストで
最大限のパフォーマンスを得る!


みんなそう考えているんだけど、
十分なパフォーマンスが得られないとしたら、
そうしてしまっている自分の行動があることを
見つめ直しましょう。

「超非効率」が『超高効率』を生み出す。

徹底して使ったコストを活かすために、
あと一歩の行動を!

つい先日からはじめたfacebook。
これに使っている時間を
どう活かすか?

ゴールを考えながら取り組まなければ、
莫大な時間を費やすことになりますので、
重要な課題ですね。

でも、
おもしろいですね。

「やってくださいよ!」
と、強力に勧めてくれた
スタッフの宮内に感謝です。

ありがとう!


■週3回配信のメルマガ
http://www.tourism-biz.com/report/index.html

「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

旅行業界向けのセミナーを開催する。
 8月25日(東京)、26日(大阪)
http://www.tourism-biz.com/seminar/index.html

「西川丈次のツイッター」に加え、
 つい先日から「facebook」にチャレンジ…。

まだお友達が少なくて…
私(西川丈次)を友達に加えて下さい。
よろしくお願いします。


■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
       「応援3クリック」をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝

| 観光コンサルティング | 23:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デジタル人間を目指して…

先日から頭が混乱しています。

この「観光ビジネスコンサルタンツ」公式の
「観光コンサル西川丈次(じょうじ)の経営支援ブログ」
をはじめ、
「若女将ブログ」ほか3本。

週3回配信のメルマガ。
http://www.tourism-biz.com/report/index.html

そして、
「トラベルジャーナル」
「旅行新聞」への連載執筆。

もちろん日々、
全国のクライアント企業の元に伺う。

さらにそこに、
「観光ビジネスネットワーク研究会」
県や市町からの
「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

そして、
いよいよ8月25日(東京)、26日(大阪)で
旅行業界向けのセミナー
を開催することになりました。
http://www.tourism-biz.com/seminar/index.html

さらにさらに、
「西川丈次のツイッター」に加え、
先日から「facebook」にまでチャレンジ…。

忙しいのに
ご心配いただき、
ありがとうございます。

でも、きっと
それが当たり前なんですね
今の時代では。

分からないからやらない…。

そんなことを言っていては、
お客様から置いて行かれてしまいます

「観光ビジネスネットワーク研究会」では、
特にそんな「今」を掴んでもらう
勉強会をしています。

しかし、
ツイッターやfacebookをしていて
思い出したことがあります。

昔、娘と夢中になってやっていた
「たまごっち」です。

結構、手間がかかりますね。

折角いただいたメッセージに
お応えしなければならない。
しかし、
日頃は、日中のほとんどの時間を
クライアント企業で使っています。

みなさんもきっと同じでしょうね。
だから、
夜21時くらいからの時間帯の書き込みが
多いようですね。

社会的な「熱」です。
フォロアーやお友達の数を集めることが、
今の価値のようです。
が、
ツイッターは別ですが、
facebookに関しては、
その「熱」が冷めた時に、
本当の進化があるように、
はじめて2日目ですが感じます。

どうビジネスツールとして活用していくのか…。

これはおもしろいですね。

経営者の皆さん
分からないからやらない。
では、もはや経営はできません。

デジタル人間に
ほんの少しなる決断を一緒にしましょう。

しかし、
心を無くしてはいけません。

アナログはより大切ですから。

しかしfacebookは難しい
知らずに操作して、
2日間のお友達申請が出来ない
違反行為をしてしまったようです

既にやっている方は、
私(西川丈次)を友達に加えて下さい。
よろしくお願いします。


■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
       「応援3クリック」をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝

| 観光コンサルティング | 08:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

観光は「おもてなし」で変える!

 「観光コンサルタント」 

  それが私(西川丈次)の仕事です。

学校を卒業してから、
旅行会社に就職をして…。
その後に、
コンサルティング会社に転職をし、
2009年1月に
「観光ビジネスコンサルタンツ」を起業しました。

気が付けば、
28年間、ず~と観光産業に身を置き、
その変化を観ながら、
また、時流を創っても来ました。

今、思うことです。

生きるために魂を売る人、企業が多い。
本当に悲しいことです。
また、自分自身が
それに気付いていない…。

今はまだ良くても、
迫りくる危険に気づかない。
これは、不幸なことです。

人として、企業として
守らなくてはならないものがある。
それは、
売上、利益ではなく、
「絆」です。

その「絆」に欠かせないのが「義」です。

「義」のない人、企業は
私(西川丈次)は苦手です

そして、
「義」を大切にしながら、
「観光コンサルタント」として、
クライアント企業を如何に支援していくか…。

「観光ビジネスコンサルタンツ」が、
最も大切にしていることは、

「関わる全ての人の笑顔のために」

という企業理念の元に、

ホスピタリティ(おもてなし=一期一会)

を中心にコンサルティングをしています。

昨年から県や市、町からの
講演依頼が増えています。

本当にありがたいことです。
テーマは、

「おもてなしセミナー」です。

数多くの講演をさせていただいておりますが、
聴講される方々の姿に、
私(西川丈次)の方が感動を覚えています。

みなさん本当に一生懸命です。

「変わる!」

「おもてなし」で
   観光が変わろうとしている!


それが壇上で話しながら、
実感として伝わって来るのです。

はっきり言います。
私(西川丈次)は、そのことに
わくわくしながら、
「感動しています。」

間違いなく「観光」は、
今、新しい扉を開こうとしています。

地域活性化おもてなしの心は、
絶対に欠かせないもの。

そして、
それは県や市、町の利益につながる。

信じよう
そこに住む人たちの力を…。

そのために、
その方々のために、

「おもてなしセミナー」

に本気になって
取り組んでいきましょう!

スタッフとも話しました。
私達、
「観光ビジネスコンサルタンツ」の役割は、
その方々のために、
その町に住む方々のために、
起業し存在している。

忙しい
とんでもない
そのくらいの時間は、
何としても空けます。

それが出来なければ、
「観光ビジネスコンサルタンツ」
存在意義がない。

その覚悟です。

必要としていただける方々のために、
全スタッフで、その方々と共に汗をかこう。

そう話し合った7月でした。
8月も行きますよ~!!

「おもてなし」で観光を変える!
その想いを全国に届けに…。


■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
       「応援3クリック」をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝





| 着地型観光 | 10:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あこがれの場所に…

「アル・ケッチャーノ」
を御存じですか

テレビ番組「情熱大陸」でも紹介された
有名シェフ 奥田正行氏が2000年3月に
山形県庄内にオープンさせた店です。

「山形には、うまいもんがいっぱいあるけっちゃ~の~!」
という、山形弁からその店名を付けられたとか…。

地元庄内の食材生産者を
自らの足で訪ね歩き、
惚れ込んだ食材の持ち味を
最大限に生かした料理。

お客様に喜んでいただくことが、
生産者の方の喜びになり、
庄内の幸せにつながる。


そんなシェフとスタッフが
おもてなしをする訳ですから、
絶対に間違いはない

地元の方に聞くと、
昔は人の入らない
単なる道端のドライブインだったとか…。

DSC05638.jpg
                その当時の面影が…

しかし、
今や全国から、
いや世界から人を集める店です。

「観光コンサルタント」としては、
是非、一度足を運ばなくては…。

いや、ただの食いしん坊かなぁ!?

しかし、

ようやく、ようやく…。
夢が叶って
その「アル・ケッチャーノ」
に行くことが出来たのです。

一昨年に東京銀座にオープンした
「サンダンデロ」
へは、これまでに何度か行きましたが、
流石に山形庄内のお店に伺う機会はなく、
ようやくその願いが叶ったわけです。

セミナーで知り合った方を訪ねた時です。
スケジュールを調整して、
打ち合わせが終わってから、
時間があるようだったら行ってみたい
と思っていたのですが、
な・なんと
その庄内で出逢った方が
「アル・ケッチャーノ」
にお昼の予約を取っておきました!

飛び上がりたいくらいに感動しました。
本当に感謝です
改めて、この場を借りて
お礼申し上げます。
ありがとうございます。

さてさて、
そのあこがれの「アル・ケッチャーノ」は…。

私(西川丈次)は、
噂では動きません。

しかし、
銀座に「サンダンデロ」がオープンした時に、
友人と行ってみようと電話を入れて、
その対応に驚いたのです。

「その日は満席なんですが、
 それ以外の日では如何ですか?」
人気店でなかなか予約の取れない店である
ということは聞いていました。

しかし、
それにも関わらず飛び込みの新規客に
折角、電話をいただいたのだから
何とかしてあげたい
私(西川丈次)には、
その想いがうれしかったのです。

後日のことです。
ようやく予約が取れて、
いよいよ行けると
若干興奮気味だった私(西川丈次)に
「何か苦手なものや
 食べられないものはありませんか?」

またまた感動でした

繰り返しです。
人気店です。
「嫌なら来るな!」
といっても、
多くの方が押し寄せて来る店です。

しかし、
その対応は、
食事中も一貫して続けられたのです。

そんな店の本店です。

「アル・ケッチャーノ」を知って、
7、8年にはなるでしょうか…。
その年月の想いと重なり、
私(西川丈次)の期待は最高潮でした。

嫌な客ですね。
そんなに頭でっかちになって来られても…
と言うところでしょうか…。

しかし、
その期待を見事に裏切ってくれたのです。

もちろん、
よい意味でですよ!

到着した時は、
「えっ!ここ?」
と思ってしまうくらいの普通の店です。

しかし、
スタッフが案内する一皿一皿が
難いくらいにおしゃれなのです。
その説明がまたそれを飾っていました。

DSC05646.jpg  DSC05649.jpg
DSC05647.jpg DSC05651.jpg
DSC05655.jpg
DSC05658.jpg
どれもこれも「説明があるから、その味が変わる!」

平日ではありましたが、
満席でした。

もはや、
明日の食べ物に困るという環境は
今の日本社会からは、
ほとんどなくなりました。

さらに、
美食の時代です。
これは食べられない、
というものは
苦手なものを除いて、
まず出合うことはありません。

そんな時代に、
私たち消費者が次に求めたものが、
より安く。
そして、
より「安全」へと
食への欲求は進化して行きました。

その安全を追求したのが、
「アル・ケッチャーノ」だったのです。

ここにある笑顔は、
「安心」を約束された人が
見せるもの
のように感じました。

「安心」が価値です。

食はこの「安心」を
価格以上に追求しなければならない。


放射能は確かに怖い。
でも、
食品添加物まみれの食には、
何の疑問符も持たずに
慣らされてしまっているのではないだろうか…。

「安心」「安全」を本気で考えるところに、
あらゆる産業の価値がある
と感じた
庄内でのひと時でした。

観光も変わらなければ!

「食べ放題!」ではなく、
「安心」「安全」をキーワードに、
大切なお客様の健康を守る商品づくりを
目指してもらいたいものです。


■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
       「応援3クリック」をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝





| ホスピタリティ(おもてなし経営)コンサルタント | 10:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。