観光コンサルタント西川丈次(じょうじ)ホスピタリティ・コンサルティング|ブログ

観光コンサルタントが経営支援するホスピタリティ・コンサルティング・ブログです。観光業界・旅行業界・旅館・ホテル・旅行会社・バス会社・タクシー会社・観光協会・地域活性化のために、ホスピタリティ・創客による未来へ続く企業づくりと観光まちづくりを応援します。

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本一美味しい朝食


博多に今年7月にオープンしたホテル
「ロイヤルパークホテル ザ福岡」

そのコンセプト
「街と、もてなす」
「もてなす」と言われれば、
行かない訳に行かない。

観光コンサルタント
おもてなしコンサルタント

西川丈次としては、
当然のごとく、早速泊って来ました。

ロイヤルパークホテルの中でも、
「ザ」を付けたホテルです。

しかも、
「日本一おいしい朝食」を目指す。
などと言われれば、
ホテル・旅館コンサルタントとして、
クライアント企業に

「朝食にこだわれ!
朝食こそ大切にして、
そこにちがいを創ってほしい!」


と言っていますので、
同時に、
その朝食も楽しみに行きました。

翌朝です。
レストランに向かうために
エレベータで1階に。

レストランの入り口では、
笑顔の素敵な女性がお出迎えです。

期待大!
わくわくして来ました。

内容は、
地元九州の食材にこだわったメニューです。

まずまず!と
お皿いっぱいに取ってテーブルに。

DSC06006.jpg

しかし、
これだけなのかなぁ?
と思っていると、
テーブルに在った
写真付きのカードが目に入りました。

福岡を中心に女性から支持を集める
レストラン「オクタホテルカフェ」
とのコラボレーション。
その中でも人気の
「フレンチトースト」
とありました。

別料金(462円
  :朝食を食べているので半額です)ではありましたが、
私(西川丈次)が、
ここまで来てそれを食べないはずがありません。

顔を上げると、
スタッフと目が合いました。

「何か必要なものがおありでしょうか?」
「喜んで。少しお時間を
  いただいてもよろしいですか?」

IMG_6253.jpg

分かりました。
「日本一美味しい朝食」とは、
食材・メニューもそうですが、
接客です。

分かっていますね。ここ。

朝の時間を気持ちよく過ごす。
何よりもおいしい食事です。

ゆっくりとし過ぎて、
携帯が鳴りました。
「お迎えに参りました。」
お願いしていたタクシードライバーからの
電話でした。

あわててレストランを出る時には、
爽やかな笑顔で
「良い一日を。行ってらっしゃいませ。」


ラグジュアリーと言われるホテルでも
なかなか聞けない言葉です。

良いホテルを見つけました。


■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
       「応援3クリック」をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝


■週3回配信のメルマガ
http://www.tourism-biz.com/report/index.html

「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

「西川丈次のツイッター」に加え、
 「facebook」にもチャレンジ…。

私(西川丈次)と友達になってくださ~い。
よろしくお願いします。


| 旅館 ホテル コンサルティング | 08:45 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

素敵な仲間に感謝

最後まで空いていた隣の席。

最後の乗客が乗って来た。
何と元同僚

「いや~一本乗り損ねました。
昨夜飲み過ぎましてね。」

大企業病になったらいけませんよ
コンサルタント病になったらいけませんよ

先生!などと呼んでもらう職業です。

だからこそ、
自分に厳しくなければなりません。
仕事に厳しくなければいけません。

ましてや、
お酒を飲んで、
翌朝遅れたなんて…。

いくらお酒に寛容な日本社会でも、
ビジネスの世界では、
絶対にいけません。

顔では笑っていたものの、
「しっかりね。」
と、思わず心の中で呟いてしまいました。

そんな気分の悪い一日のスタートが、
午後から激変しました。

「観光ビジネスネットワーク研究会」
福岡会場での第一回目の開催です。

当日まで参加が分からなかった方から、
「何とか都合が付きました。」
と、駆けつけて下さいました。

以前からのメンバーの方も、
「絶対に行きますよ!」
と駆けつけて下さった。

本当にうれしいひと時でした。

なんて私(西川丈次)は、
幸せ者なのでしょうか…。

ココ!という時に
本気になって支えて下さる素敵な方々。

出逢えたその奇跡に、
本当に感謝です。


この絆を大切にしたい。

この方々の笑顔のために、
力の限り顔晴らなくては。


私(西川丈次)、
そして、
「観光ビジネスコンサルタンツ」のスタッフ全員の
想いです。

おまけに、
懇親会の会場では、
「西川さんを応援したい!」

素敵な方を呼んで下さいました。

その方の役職は、
「代表取締役主任」

話を聞けば、
本当に楽しい方でした。

まだまだ出逢うことのない素敵な方が多い…。

俄然やる気が出てきました。


そして、昨夜は、
東京での「観光ビジネスネットワーク研究会」。
大阪、福岡に続けての3日目。

最終日の懇親会は、
「権八」です。

DSC06011.jpg

そうです。
かつて、
小泉元首相が、当時の米国大統領ブッシュ氏を
招いたダイニングです。

DSC06029.jpg


以前タクシーの中から偶然見かけたこの店。
「あれ何でか?」
―権八です。

あまりに存在感ある建物に、
ドライバーに訪ねたのがはじまりでした。

いつか行ってみよう!
そう思っていた夢の実現です。

賑わっていました。

しかし、
その大半は、外国人の方々でした。

これも、ブッシュ効果なのでしょうか…。

その空間が、
非常に良いです。

素敵な仲間と
素敵な時間を過ごせました。

DSC06018.jpg
ずっと撮り忘れていたみなさんとの写真を
ようやく東京会場では写すことが出来ました。

常に謙虚に。
そして、
素直に。
出逢えた奇跡に感謝をして、
その結んだ絆をしっかりと強めていきましょう。


3日間を共に過ごして下さった
素敵な皆様とスタッフのみんなに感謝です。

いっしょに顔晴って行きましょうね。


■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
       「応援3クリック」をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝


■週3回配信のメルマガ
http://www.tourism-biz.com/report/index.html

「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

「西川丈次のツイッター」に加え、
 「facebook」にもチャレンジ…。

私(西川丈次)と友達になってくださ~い。
よろしくお願いします。


| 観光コンサルティング | 09:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

抑えきれない感動!

泣きました。

感動しました。

しかも、
居酒屋でです。

おそらく、
私(西川丈次)にとって、
この感動は、
生涯忘れられない
想い出のひとつとなることでしょう。

その居酒屋とは、
一度行きたかったお店
「陽なた家」です。

大分中津に本店を持つこの店。
私(西川丈次)が、
云々と言う必要性もないくらいに
有名店ですね。

今月からスタートした
「観光ビジネスネットワーク研究会」
の新しい仲間との大切な懇親会に
選んだお店です。

博多大名にある
「陽なた家 SAKURA DINING」
がその店名です。

そして、
涙したのは、
そこに行った時の事です。

IMG_7084.jpg

入店時から
気持ちの良い店だなぁ!
と思っていました。

とにかく、
テーブルに食事を運んでくれる
スタッフがいい。

ニコニコとした笑顔がすばらしい。
目が合うと、
「そうですよ!これはあなたの料理ですよ。
 今、お持ちしますからね。」
そう心の声が聞こえるような笑顔なのです。

しかも、
スタッフのみんなが
そんな笑顔をしているのです。

そして、
その感動は入店1.5時間後に
突然やって来ました。

私(西川丈次)は、
押さえきれない感動
涙を流してしまいました。

電気が消えました。
ショウタイム?
いや、ハッピーバースディ?

当たりでした。
しかし、
その内容は、
私(西川丈次)の期待を
遥かに超える感動
を届けてくれたのです。

みなさん、一緒にご唱和お願いします。
と、はじまった
まるで学生のノリでの盛り上げタイム…。
IMG_9268.jpg


でも、
私(西川丈次)には、
その言葉を最後まで
唱和できませんでした。

気が付くと、
あふれる涙を抑えきれませんでした。
胸が熱くなり、
声を出せなくなっていたのです。

見ず知らずの方のお誕生日のお祝いに
なぜ?私(西川丈次)は
泣いているのだろう?

そのことに戸惑う
自分がいたことも事実です。

最高のスタッフが創り出した
感動環境がそこにあったのです。

みんなで唱和した
感動の一シーンを創り出した
その言葉の全文を紹介します。

IMG_5002.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

誕生日祝いの言葉

あなたがこうして
生まれてきてくれた
事に心から感謝します
あなたとこうして
出逢えた事に
心から感謝します。
これから先あなたに
どんなつらい事があっても
あなたにはこの仲間が
いる事を絶対に
忘れないでください
あなたが生まれて
きてくれた事に
心から感謝します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

弊社
「観光ビジネスコンサルタンツ」
が最も大切にしている
そして、
クライアント企業にも言い続けている
「感謝」の気持ち

大切な方のお誕生日には、
感謝をしよう!
単なる、おめでとう!を伝えるだけの祝う日ではなく、
生まれて来てくれたことに、
そして、出逢えた奇跡に感謝をする日なんだ。

そう言い続けてきました。

その「感謝」のあふれる
この言葉に
不覚にも、すっかりと感動してしまったのです。

それをみんなで
声高らかに唱和する。
それにより感動が感動と共鳴をして、
もう押さえきれませんでした。

その日、その時に、
お誕生日を祝ってもらった方は
お二人。

お一人はおっちゃん?
いや、おにいさんでした。

その方も顔を真っ赤にして
涙ぐんでいらっしゃいました。

そして、
手を合わせて、
一緒に来られていた仲間に
感謝をしていらっしゃいました。

大の男を、
よくあるハッピーバースディで
泣かせたのです。

思わずもらい泣きをして
再び涙があふれて来ました。

こんなハッピーバースディは
初体験です。

二人目は、
若いカップルの女性でした。

これまた感動

なんと彼からの告白タイム。

彼、
「…。結婚して下さい。」
彼女、
「ありがとう。よろしくお願いします。」

もう一度書いておきます。
居酒屋です。

その居酒屋で、
人生で最も大切と言ってもいい
プロポーズです。

信じられない光景に
ただただ感動しました。

同時に、
ここでプロポーズをしたいという
気持ちが分かりました。

ここを選んだ「彼」に
素晴らしい選択だ!
と、心の中で声を掛ける
私(西川丈次)が居ました。

その時、そこにいた全ての方々が
証人であり、
彼らをまるで以前から友人だったように
祝う仲間になっている。

そんな雰囲気を、
わずか数秒で創り出す
「陽なた家」

来て良かった!
出逢えて良かった!


心からそう思える
本当に素晴らしいお店との出逢いでした。

感動とは提供するものではなく、
お客様と共に創り上げるもの。
その感動は、
提供されたものより数倍の力を持つ。


改めて感動の仕組みを確認出来ました。

また、
博多に来ることが楽しみになりました。

「陽なた家」さん、
本当にありがとうございます。


お店を出た時にいただいた恒例のバナナ
IMG_5579.jpg

これがあの有名なバナナかぁ…
これがほしかったんです。


■週3回配信のメルマガ
http://www.tourism-biz.com/report/index.html

「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

「西川丈次のツイッター」に加え、
 「facebook」にもチャレンジ…。

私(西川丈次)と友達になってくださ~い。
よろしくお願いします。



■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
       「応援3クリック」をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝

| ホスピタリティ(おもてなし経営)コンサルタント | 08:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その値引きに待った!


良いサービスを受ける力のないものに、
良いサービスは提供できない。


良いサービスを探せ!
気付く力を養え!


そうスタッフには言い続けています。

そして、
週に一度は、
その気付きを「気付きレポート」として
メールしてもらっています。

一週間にひとつは見つけなければならない。

実は、これって
結構大変なことなのです。
数ヶ月もするとネタに困るようになります。

その時に、
動かなければならないことに気付く。

「良いサービス探しの旅」
が、はじまるのです。


「西川さん、
 出張に備えて新しい鞄を買いましたよ。

ある日、ニコニコとした宮内が
ドアを開けて入って来ました。

その後に宮内が書いた
「気付きレポート」に以下のものがありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キャリーバッグを買った。
少し迷って品物を決めてレジへ。
お会計の際に
「ただ今、20%OFFになっていますので
 ○○○円になります。」
えっ?そうなのか、得したな!
と一瞬思ったが・・・

考えてみると、
予算は決めてあったのだから
20%OFFなら、
もうワンランク上の別のバッグを
買えば良かったという気がしてきた。

20%OFF、
確かによくみると少し離れた場所に
POPが掲示してある。
でもバッグ売場に直行した
私には見えない。

せっかくのサービスが伝わっていない。
そして更に・・・

「今、こちらの○○をプレゼントしています。」
えっ?なに? よく聞き取れない・・・

「バッグの中に入れておきますね。」
はい、お願いします・・・

(中略)

これもせっかくのプレゼントだから
ちょっとだけ説明して
価値を持たせればいいのに。

いつもの話になるが
やっぱり伝えることって本当に大事だ。

それには、もう一度、おちついて
「伝わっているかな?」としっかり
考えること、そして行動することが大切と
あらためて思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、いう内容のものでした。

もったいないですね。
ちゃんと伝えれば、
そのサービスは、より価値を持ったのに。

同時に、
私(西川丈次)が感じたことは、
今すぐ、そのサービスはやめるべき!
でした。

理由は、
これを「無駄な経費」というのです。

買ったお客様は得をした。
これは間違いないことです。
そのお客様が
また鞄を必要になった時には、
来店してもらえるかもしれない。

知り合いで
カバンを買いたいという人がいたら、
あそこ安くしてくれるよ。
という口コミにつながるかもしれない。

しかし、
それは偶然を期待することでしかないのです。
ビジネスは偶然に頼るものではなく、
如何に必然に変えていくかです。


そして、
値引きもプレゼントも
コストがかかっているのです。

掛けたコストは最大限に活かす。

そのためには、
レジで支払いを受ける時に
提供するサービスではなく、
そのサービスが
購買のきっかけと
ならなくてはならないのです。

私(西川丈次)はそう思います。

そんなわずかな金額やプレゼントで、
お客様の買うきっかけになるのか?

こう思うお客様が居れば、
成功ではないですか・・・。

「安くなっているのであれば、
 今日買っておこう。
 ここで買おう。

 安くなるなら、
 もうワンランク上のものを買おう。」

これが割引、プレゼントというコストを使った時の
「営業成果物」です。

これを目的にすれば、
現場での対応が変わってきます。

正しい目的を持ち、
それを活かすことで、
最高の成果物を得る。

これが「営業販促」なのです。


■週3回配信のメルマガ
http://www.tourism-biz.com/report/index.html

「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

「西川丈次のツイッター」に加え、
 「facebook」にもチャレンジ…。

私(西川丈次)と友達になってくださ~い。
よろしくお願いします。



■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
       「応援3クリック」をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝

| 観光コンサルティング | 09:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

効率的な営業

「効率的」とは、
何処に手間、
つまり、コストと時間を掛けるかの結果です。


短い期間ではありましたが、
私(西川丈次)は、
旅行会社に勤務をしておりました。

カウンターセールス、
外販営業、
旅行企画、添乗業務…。

外販営業(アウトセールス)で、
数字を残すために
何が必要か

勤務していた8年間
考え続けたことです。

おかげ様で、
かなりのお客様に
可愛がっていただくこともできました。

その一つ。
とっておきの策は、
「ハガキ作戦」
でした。

「効率的な営業をしなさい。」
よく耳にすることです。

当たり前のことです。

しかし、
効率化を間違っているように、
私(西川丈次)には思えてならないのです。

効率化とは、
余計なところに
コストと時間を掛けないことです。


今ある業務から贅肉を削り、
何処にコストと時間を掛けるべきか?
そのポイントを見付け出し、
そこに集中する。


これが営業の基本であり、
効率営業の基本です。

営業スタッフとして、
新規開拓をすることは、
絶対に必要なことです。

しかし、
その努力で見付け出したお客様に
あまりに淡白な営業になっていませんか?
一度だけの受注で
それっきりになってしまっては、
あまりにももったいない。

私(西川丈次)はそう思います。

営業スタッフだって、
そんな淡白な営業を望んでいるはずがない。
しかし、
結果としてそうなっている
と言わざるを得ないのです。

例えば、旅行会社の方へ。
ここがポイントです。

1.お客様からもらった時間の中で
  どれだけお客様のことを知ることができましたか?
2.今日、出逢った方に感謝を伝えましたか?
3.入金いただいたお客様に、感謝は伝えましたか?
4.終わったビジネスと考えないで、
  旅行中に気遣いの連絡はしていますか?
5.お帰りになった後の連絡はしましたか?
6.次の旅行機会までの期間に何をしていますか?
7.しばらく取引のないお客様に、
  連絡はしていますか?

この7つのポイントを押さえるだけで、
「効率的な営業」
飛躍的に出来るようになります。

一見「非効率」に思えるかもしれません。
しかし、
使う時間とコストの掛け方で、
効率的な営業が出来るようになるのです。


全てのビジネスに共通すること。
それは、
体験者を如何に
リピーターにするか
を考えることです。

新規でお客様を呼び込むために、
どれだけ無駄な(あえて申し上げます)
時間とコストを掛けているか

美味しい食事さえ提供出来れば、
リピーターになってもらえる

いいえ、ちがいます。

如何に再来店のきっかけを創るかです。

そこに、
時間とコストを集中すべきなのです。

私(西川丈次)は、
「ハガキ作戦」では、
こんなポイントにもこだわっていました。

1.相手にだけ通じる一言を手書きで入れる
2.切手にこだわる
3.投函地にこだわる

私(西川丈次)がよくやったことは、
海外出張時に送る。
ということでした。

海外出張時名簿を持って行って、
忙しい現地で書くのは大変です。
そこで実行したことは、
滞在時に大量のハガキを購入して来て、
次回の出張までに書く。
それを持って行って次の出張時に投函する。

その時の注意点は、
実は、
私(西川丈次)もやっちゃったことですが、
投函を安易に宿泊ホテルの
フロントに頼まないことです。

理由は、
切手を貼ってくれない可能性が高いのです。
郵便スタンプになってしまうのです。

届く。
にちがいはありません。

しかし、
折角だったら、
珍しい海外の切手を見せてあげたい。

私(西川丈次)が送ったハガキを
お客様に見せていただき気付きました。

1枚のハガキに
最大限の価値を持たせること
そこにもう一つ手間を掛けること
その瞬間知ったのです。

そのハガキを観て、
ニコニコとして下さる
お客様の笑顔を想い浮かべながら…。

この手間を掛けた「ハガキ作戦」
次の仕事を生む。

こんな「効率的な営業」はない。
私(西川丈次)は、
そう思うのです。


■週3回配信のメルマガ
http://www.tourism-biz.com/report/index.html

「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

「西川丈次のツイッター」に加え、
 「facebook」にもチャレンジ…。

私(西川丈次)と友達になってくださ~い。
よろしくお願いします。



■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
       「応援3クリック」をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝

| 観光コンサルティング | 08:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT