FC2ブログ

観光コンサルタント西川丈次(じょうじ)ホスピタリティ・コンサルティング|ブログ

観光コンサルタントが経営支援するホスピタリティ・コンサルティング・ブログです。観光業界・旅行業界・旅館・ホテル・旅行会社・バス会社・タクシー会社・観光協会・地域活性化のために、ホスピタリティ・創客による未来へ続く企業づくりと観光まちづくりを応援します。

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

言葉は凶器

////////////////////////////////////////////////////////////

いよいよ本日から、
           一般申込受付開始!!


  『また、あなたに逢いたい!!』      
     
   ////////// そんなたったひとりのお客様を創り続けること…

//
 「感動サービス」を翻訳する 
    ..//////..『おもてなしセミナー』
 


★開催日:6月4日(火曜日)大阪       ★お申し込み、お問い合わせ:
       6月5日(水曜日)福岡         06-6885-6335 
       6月6日(木曜日)東京         担当:植野、吉原、宮内

///////////////////////////////////////////////////////////

文字は凶器となる

私達は、
Facebookをはじめとする
多くのSNSに囲まれ、
そこに、
持論を自由に展開できる術を持ちました

しかし、
だからこそそこには、
守らなくてはならない
ルールがあると
私、西川丈次(にしかわじょうじ)は思うのです。

如何にその主張が、
正しい事であっても、
対象者が見ないところで、
反論できないところで
批判をしてはならない

それは、
最も卑劣なことであり、
その言葉、文字は凶器にすらなるということを
十分に知った上で
表現しなければならない。

10数年前に、
ある読者からいただいた
メッセージが
私、西川丈次(にしかわじょうじ)
忘れられないのです

「先生のような影響力のある方が、
 批判めいたことを書いてほしくない。
 その言葉の一つひとつが、
 私達にとっては、
 とても大切な言葉であり、
 文字なのです。
 言葉は、武器であり、
 凶器にすらなるのです。」

衝撃でした。

自己の表現。
表現の自由。

どんなにそれを正当化しようとも、
コンサルタントという仕事する者にとって、
そこにしてはならない事がある。

未熟な私は、
その時、
その重要性を
その方から教えられたのです。

正義感を持つことはよい。
また、
信念を持つことも正しい。

しかし、
それを一方的な攻撃に
使ってはならない

言葉とは、
本当に怖いものなのです。


N:「グサッと来た!
   痛いところ付くねぇ~」

A:-何がですか?

N:「今の話。」

A:-どこが?
   私、何か言いました?

B:=いや、分かりませんが…。
   西川さん、どこに反応したんですか、今の話の…?

いつも元気をもらっている方々と
話をしていた時のことです。

こんなシーンがありました。
非常に勉強になる気付きでした。

N:「さっきの服装の話…。」

A:-それが・・・?
   Bさん、どう思った?

B:=別に、普通の話じゃないの??

A:―あっ!分かった。
   西川さんがそれを気にしているからじゃないですか?
   だから普通の話なのに、反応したんだ!
   で、どこに反応したんですか?

実は、
考えてみると
ズバリその通りだったのです。

前日にもその方々と逢っていました。
朝、ホテルを出る時に気付いたのですが、
その出張に替えのネクタイを
持って来ていなかったのです。

同じネクタイで、
また今日も同じ方に逢う。
そこに、
朝から、非常に嫌悪感を持っていたのです。

そんな気持ちを持っている時に、
何かの拍子で
Aさんから服装に関する話が出たのです。

普通なら、
おそらく全く気にしない話です。

ところが、
その日は、
自分に向かって来ている言葉のように
錯覚してしまったのです。

「同じネクタイを二日間もしていて、
 ビジネスマンとして最悪
なんて言われているように、
何でもない言葉にもかかわらず、
普通の会話の中の言葉に
過剰に反応してしまったのです。

聞く(読む)側。
それぞれが、
その時の気持ちの持ちようで
同じ言葉であっても、
学ぶ言葉として受け取るか、
攻撃されている言葉と捉えるか…。

耳(目)に入って来る言葉を、
その時の感情で聞いていては、
大切な言葉が心に響かないのです。

また、
伝える側は、
思わないところで
敵をつくっているかもしれない。

だからこそ、

『使う言葉は、凶器にすらなる。
  聞く力は、素直さが育てる。』


を、忘れてはならないのです。

もうひとつ、
企業人である以上、
その看板を背負っていることを
忘れてはなりません

「個人の見解では…。」

よく聞く言葉です。
そもそもそこに、
企業人としてもモラルが
すでに欠けているのです。

企業の看板を背負った以上、
個人の見解など必要無いのです。

あなたが発する言葉は、
企業の考えとなる。
安易な言葉が、
企業を傷付けることにもなるのです。

上司ならどう応えるか

それが分からなければ、
「分かりません。」が、
正しい会社人としての
答えなのです。

「ことば」とは、
本当に怖いものです。

あなたの人柄を物語るだけではなく、
関わる全ての人の
未来をのせているものでもあるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
        「応援3クリック」 をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝


「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

「西川丈次のツイッター」に加え、
 「facebook」にもチャレンジ…。

私(西川丈次)と友達になってくださ~い。
よろしくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホスピタリティ経営研究会のご案内

スタートしました

お申込み・詳細は
以下までアクセスしてください。

http://www.tourism-biz.com/hospital/index.html

会員募集中!!です。どなたでも入会いただけます。

最幸のおもてなしの出来る人
「ホスピタリター」を目指す人のために…。


サービスの翻訳者と言われる
「おもてなしコンサルタント 西川丈次:にしかわじょうじ」」
日々の生活の中で見つけた「感動行動」を紹介し、
経営に如何に活かすか・・・。
現場に如何に落とし込むか…。
そして、人との関係性を良くする。

その答えを現場から伝え続ける
「ホスピタリティ経営研究会」

業界不問。役職不問。
ご興味のある方ならどなたでも大歓迎です!

一緒に「おもてなし」で、
笑顔と元気あふれる自己と社会を創造しましょう



スポンサーサイト



| 観光コンサルティング | 09:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |