観光コンサルタント西川丈次(じょうじ)ホスピタリティ・コンサルティング|ブログ

観光コンサルタントが経営支援するホスピタリティ・コンサルティング・ブログです。観光業界・旅行業界・旅館・ホテル・旅行会社・バス会社・タクシー会社・観光協会・地域活性化のために、ホスピタリティ・創客による未来へ続く企業づくりと観光まちづくりを応援します。

2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

森林セラピーに注目!

///////////////////////////////////////////////////////

お待たせいたしました      

会員様限定          
    「ホスピタリティ・レポート第6号
..。。。.......................7月1日配信!!」


「ホスピタリティ経営研究会」
会員様だけにお届けする
西川丈次(にしかわじょうじ)渾身のレポートが、
間もなく出来上がります

「にしかわじょうじ ブログ」
無料メルマガ「にしかわじょうじのホスピタリティ・レポート」
にも出ていない
「サービスの翻訳者」西川丈次(にしかわじょうじ)
年に4回だけ書く、是非、読んでいただきたい
「ホスピタリティ・レポート」です。

入会登録は:
  http://www.tourism-biz.com/hospital/index.html

////////////////////////////////////////////////////////

頭をガツ―ンと殴られたような、
そんな素敵な言葉を聞きました

「農産物に旅をさせてはいけない。

本当はね。
 美味しいものは、
 獲れたその土地で食べるから
 美味しんですよ。

 長時間、長距離を運ぶストレスを
 農産物にかけたら、
 本当の美味しさを味わえないんです。」


長野県信濃町
日本一の森林セラピー基地のある町です。

「森林セラピー」
興味を持ったのは2年以上も前になります。

全国の森林セラピーを調べてみました。

その中で、
ここは良いと感じたのが、
長野県の信濃町でした。

確認しなければ、
語らない。

「観光ビジネスコンサルタンツ」
信条です。

机に向かって、本を読んで
頭でっかちになったらいけない。
分かった気になっていたらいけない。
そんな知識を偉そうに人に語ってはならない。


過去も語るな。
今を語れ。
今の現場にしか答えはない。


だから、
行って来ました 

森林セラピーをずっと調べてくれているのが、
植野学です。

彼の分析力は、
本当に感心させられるものがあります。
時にハッとさせられること、
しばしばです。

そんな植野が、
「ここが日本一です。」
というのだから、まず間違いない。
そう思いながら、
信濃町へと二人で乗り込んで行きました。

そして、
その想像は、
確信へと変わりました 

「森林セラピー基地」の歴史を
ここで詳しく書くことはしませんので、
ご興味のある方は
別にお調べ下さいね。

2006年4月に
信濃町は、
「森林セラピー基地」
第1期認定の10基地のひとつに
登録されました。

「森は健康に良い。(森林浴の効果)」

一般的に昔からそう言われて来たものを
科学的に検証して、
その成果があると認められたところに
この「森林セラピー基地」の認定がされますが、
信濃町は、
20004年、日本医科大と森林総合研究所による
医学的実験の開催地となったそうです。

つまり、
「森林セラピー基地」
スタート地とも言えるのではないでしょうか。

2013年3月現在、
53市区町村が認定されています。
基地:48ヶ所
ロード:5ヶ所
第9期申請中:4ヶ所

医学的にも

1.ストレスホルモン濃度が低下する
2.都会に比べて、森林では血圧が低くなる
3.血液中のガン細胞やウィルス等から身体を守る
  ナチュラルキラー細胞数および抗がんたんぱく質が増加し、
  さらに持続効果が認められた


といった効果が
「森林セラピー」にはあります。

ストレス社会の中で
注目されている分野です。

すでに
多くの旅行会社にこのバスツアーを
企画してもらっています。

しかし、
すでにその「森林セラピー基地」
成否が出はじめているようにも思います。

が、この信濃町は、
間違いなく成功事例であり、
モデルでもあります。

2006年延べ宿泊数346は
2012年には2742に伸びています。
さらに驚いたことに、
信濃町「森林セラピー基地」
提携する企業が年々増えて、
2012年には25社となっています。

都会企業における深刻な問題としてあげられることが、
社員の56.7%にメンタルヘルス的な問題があること。
過去1年間に1ヶ月以上の休職、退職者がいる
事業所が25.8%ある、という。

この問題解決策として、
信濃町と提携する企業が増えているのです。
しかも、
それを町長のトップセールスで
行われている点は
その真剣さと共に、
成功の秘訣とも言えると考えます。

さて、
現場を訪れてみて感じたことです。

「人」が
素晴らしい価値を創り出していました

駅に担当の小池氏に迎えに来てもらい、
先ず驚ろかされたのが、
役場の入り口です。

仕事柄多くの自治体を訪ねる機会があります。
しかし、
その入口で思わず立ち止まってしまいました。

仕事で来たのではない。
にもかかわらず、
ウエルカムボードに迎えられたのです。

IMG_3857.jpg


そして、
会議室でプロジェクターを使いながら
1時間のところを2時間近くも
小池氏は一生懸命に話をして下さったのです。

用意された資料には、
ちゃんと名前が印刷されている。
しかも、
その裏面には、
スケジュールまでもが…。
IMG_3927.jpg

この至れり尽くせりの「おもてなし」に、
二度目の頭がツーんでした。

しかも、
議会中にも関わらず、
その上司の方までが、
あいさつにわざわざ来て下さる。

わくわく感絶好調といったところで、
いよいよ目的の「森林セラピー」体験です。

その前に妙高を望む黒姫高原で
「セラピー弁当」の昼食。
この演出が
すでに心をリラックスさせる時間に入っていました。
IMG_3859.jpg
DSC02972.jpg

そして、
森林セラピーガイド「ひとときの会」の会長である
鹿島岐子さんとの出逢い。

DSC02975.jpg
DSC03002.jpg

主婦でありながら、
大役を果たされる鹿島さんですが、
その案内を受けながら、
納得する場面が多くありました。

その鹿島さんがおっしゃった印象的な言葉の一つが

「農産物に旅をさせてはいけない。」

でした。
トマトやとうもろこしが本当に美味しんですよ。
その頃に是非来て下さいね。
その理由はね、とこの言葉に続きました。

さらに、

「冬にもいらして下さい。
 今日ご案内した風景と全く違った
 景色にビックリされますよ。
 今日より2m高い位置から、
 葉に邪魔をされない素晴らしい風景を
 ご覧いただけます。
 黒姫山にも一直線で行けるんですよ。
 スノーシューを履いて雪の上を歩いてですが・・・。」


雪の上を歩く自分を
今見ている風景に重ねて
見た気がしました。

四季の魅力を伝えて、
リピーターを創造する。

一人ひとりが
その時の仕事だけをするのではなく、
次の仕事を生み出す想い。


この想いこそが、
信濃町の「森林セラピー基地」事業を
成功に導いていると確信を得た瞬間でもありました。

DSC03013.jpg
<森林セラピーガイドの鹿島さん。
  素敵な時間を本当にありがとうございました。>

DSC03016.jpg
<一日ご案内をいただいた信濃町の小池さん。
    ありがとうございました。感謝です。>

どんな場所にも観光素材はある。
しかし、
その価値を地元の方々が認識しているか?
さらに言えば、
誇りに感じているか?

それは、
観光従事者だけではなく、
そこに住む皆さんが
知っているか?

そして、
最も大切なことは、
その真の価値を
正しく伝える「言葉」を持っているか?
伝え続けているか?
です。

それを語る人の魅了にこそ、
その土地の真の魅力がある。

それを絶対に忘れてはいけないのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.「にしかわじょうじのメルマガ(無料)」
・・・・・・・・・・登録をお願いします


http://www.tourism-biz.com/report/login.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2.人気ブログランキングに参加しています   

      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
        「応援3クリック」 をよろしくお願いします 
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝


「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3.ホスピタリティ経営研究会のご案内

お申込み・詳細は:
http://www.tourism-biz.com/hospital/index.html

最幸のおもてなしの出来る人
・・・「ホスピタリター」を目指す人のために…。


サービスの翻訳者と言われる
「おもてなしコンサルタント 
///////西川丈次:にしかわじょうじ」」


日々の生活の中で見つけた「感動」を紹介し、
経営に如何に活かすか・・・。
現場に如何に落とし込むか・・・。

その答えを現場から伝え続け、翻訳しています。

業界不問。役職不問。
ご興味のある方ならどなたでも大歓迎です

会員特典:
1)年2回の「おもてなしセミナー(各3,000円)」
2)年4回の「会員様向け 特別ホスピタリティ・レポート」
スポンサーサイト

| 観光コンサルティング | 08:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「人」を創る!VOL.2

///////////////////////////////////////////////////////

お待たせいたしました      

会員様限定          
    「ホスピタリティ・レポート第6号
..。。。.......................7月1日配信!!」


「ホスピタリティ経営研究会」
会員様だけにお届けする
西川丈次(にしかわじょうじ)渾身のレポートが、
間もなく出来上がります

「にしかわじょうじ ブログ」
無料メルマガ「にしかわじょうじのホスピタリティ・レポート」
にも出ていない
「サービスの翻訳者」西川丈次(にしかわじょうじ)
年に4回だけ書く、是非、読んでいただきたい
「ホスピタリティ・レポート」です。

入会登録は:
  http://www.tourism-biz.com/hospital/index.html

////////////////////////////////////////////////////////

「人」を創る!vol.2

「今の時代に認められることは
 ないかもしれない。
 でも、
 何十年か後に、
 誰がこんなビジネスの仕組みを創ったんだ。
 そんな風に思ってくれる人がいたら、
 幸せですよね。

10数年前に、
そんな話をしながら、
「人」を創るビジネスをはじめました。

「人間力」を中心においた
『創客ビジネス』です。

教えるのではない、
共に学ぶ時間を創りました。


「感性」を育てる時間です。

「おもてなし」力とは、
その人が持つ人間性をみれば、
その力は必然的に分かるものです。

落ちているごみを拾えない人。
人が見ているところでは、
笑顔で出来るのに、
そこで拾っても、
誰も観ていないとなると出来ない人。

粗を発見して、
お客様のためだと
パートナーに文句を言って
行動させることで、
「おもてなし」が出来たと
勘違いをしている人を見ることもあります。

その反面、
若干、
いや…かなり手前味噌になりますが、
過日開催した
「おもてなしセミナー」会場で
「観光ビジネスコンサルタンツ」のスタッフは
こんな動きをしていました 

会場入りしてまずはじめにすること…。

どの様にテーブルを並べることが
全ての参加者にとって良いのか
を考える。

場合によっては、
荷物すら持った状態でです。

そして、
わざと机を斜めにしてみる。

その後で、椅子を引いて
十分に座ってもらえる
空間が確保できているかを確認する。

並んだテーブルの角を揃える。

テーブルに並べる資料は、
当たり前のように
重ね直して、下を揃えて真っ直ぐに置く。

飲み物用のコースターの位置は、
ここで良いのかと何度も置き直している。

コーヒーサーバーの下に、
ナプキンを敷いて、
テーブルに滴が落ちないようにする。

ロゴの入ったメーカーカップの面を揃える。

一人ひとりを席まで
しっかり笑顔で案内をして、
声をかけている。

お客様に話しかけられる機会の多い
私に代わって、
一人ひとりに声をかけて
名刺交換をしてくれている。

講演開始。
まだお越でない方をお迎えするために
会場の外で待つ。

などなど…。

当たり前のことです。
そして、
誰も気付かないかもしれない。
でも、
気持ちよく時間を過ごしてもらいたい。
その「想い」の全てが、
「おもてなし」そのものだと
うれしくなる想いで見ていました。

一人ひとりが
何のためにそこにいるのかを考えて
行動してくれているのです。


ここに部外者感を持ち、
やらされている感のものがいたら、
全てがダメになってしまうのです。


旅行会社数社の若いスタッフ方々と
企画会議を
数年間実行していたことがあります。
経営者、幹部のいない会議です。

その中で伝えたかった事。
それは、
企画力を付けることはもちろんですが、
「おもてなし」力が一番でした。

「人」を創る 

お客様を
当たり前のように「お客様」と呼べる
「人」を創る。


大切なお金を
ちゃんと「お金」と言える「人」を創る。


「客」や「金」なんて言っていては、
ダメなのです。
パートナーを業者と呼んではいけない。
ましてや、「やつ」、「やつら」などと
呼んでいては絶対にいけないのです。

社内であっても、
それは心を壊して行きます。

あいさつもそうです。

オッス!(おはようございます)
アシタ―!(ありがとうございます)
としか
私、西川丈次(にしかわじょうじ)には聞こえない。

あいさつは、はっきりとしよう。

人と話す時は、
語尾が聞こえないような
話し方ではいけない。
最後まで、
自信を持て話しなさい。

まるで
子どもに言うようなことまで
話しながら、
笑いながら、
語り合って来ました

とても素直な方々でした。

身構えて、
自分を守ろうとする人には、
必要なことしか言えない。
でも、
素直な方には、
どんどん伝えたくなるものです。


そんな会議の開催終盤の
ある日、
会議が終わりました。

飲みものの容器を
一所に集め出すスタッフ。
机を元通りに戻すスタッフ。
机の上を拭くスタッフ。
いっぱいになったゴミ箱を
綺麗にするスタッフ。
そして、
机の周りと下を確認して、
消灯するスタッフ。
会議室から出てからは、
振り返り、お辞儀をするスタッフ。

それぞれが、
その会議室を使わせてもらったことに
感謝をして、
自ら動き出す。

それを見た時に、
感動し、
その会議を実施して来て
本当に良かったと感じたものです。

彼らは、お客様なのです。
その会議室は、
弊社の会議室でした。

しかし、
彼らはその行動を
当たり前のように取るのです。

彼らの持った「感謝の想い」こそが、
「おもてなし」力を育てる糧となったのです。

彼らが
会社の、業界の当たり前を
変えてくれる。

そう信じて、
もう一度、そんな勉強会を
いつか開きたいと思っています

先日、セミナーにご参加いただいた方から
こんな話を聞きました。

「おもてなし」を語ると、
社員からこんな言葉を聞いたのです、と。

こんな給与で、
そこまでやろうとは思わない
やっていられない

そんな考えだから、
その給与しか手に出来ないのです。

そうお答えしました。

「そう」と、
うなずかれたその方がいらっしゃれば、
その企業は大丈夫。

そんなことを
私、西川丈次(にしかわじょうじ)は感じたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.「にしかわじょうじのメルマガ(無料)」
・・・・・・・・・・登録をお願いします


http://www.tourism-biz.com/report/login.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2.人気ブログランキングに参加しています   

      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
        「応援3クリック」 をよろしくお願いします 
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝


「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3.ホスピタリティ経営研究会のご案内

お申込み・詳細は:
http://www.tourism-biz.com/hospital/index.html

最幸のおもてなしの出来る人
・・・「ホスピタリター」を目指す人のために…。


サービスの翻訳者と言われる
「おもてなしコンサルタント 
///////西川丈次:にしかわじょうじ」」


日々の生活の中で見つけた「感動」を紹介し、
経営に如何に活かすか・・・。
現場に如何に落とし込むか・・・。

その答えを現場から伝え続け、翻訳しています。

業界不問。役職不問。
ご興味のある方ならどなたでも大歓迎です

会員特典:
1)年2回の「おもてなしセミナー(各3,000円)」
2)年4回の「会員様向け 特別ホスピタリティ・レポート」

| 観光コンサルティング | 11:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「人」を創る VOL.1

///////////////////////////////////////////////////////

お待たせいたしました      

会員様限定          
    「ホスピタリティ・レポート第6号
..。。。.......................7月1日配信!!」


「ホスピタリティ経営研究会」
会員様だけにお届けする
西川丈次(にしかわじょうじ)渾身のレポートが、
間もなく出来上がります

「にしかわじょうじ ブログ」
無料メルマガ「にしかわじょうじのホスピタリティ・レポート」
にも出ていない
「サービスの翻訳者」西川丈次(にしかわじょうじ)
年に4回だけ書く、是非、読んでいただきたい
「ホスピタリティ・レポート」です。

入会登録は:
  http://www.tourism-biz.com/hospital/index.html

////////////////////////////////////////////////////////

「おもてなしセミナー」東京会場で
またまた泣いてしまいました
毎回毎回、本当に申し訳ありません

「人」を創る

ある方との約束です。

その方がいなければ、
コンサルタント 西川丈次(にしかわじょうじ)は、
存在しなかったかもしれません。

出逢いは、
20年ほど前のことです。

コンサルタントと呼ばれる実績も何もない。
そんな時代に出逢った方です。

セミナーにお越しいただき、
その後、再び逢った時には、

「コンサルティング契約をしましょう!
  西川さんに賭けます。」


そんな飛び上がるくらいにうれしい言葉を
かけて下さった方です。

私、西川丈次(にしかわじょうじ)
創り出した『創客マーケティング』
そのまま全てを
忠実に実行し、検証して下さった方でもあります。

その方と創り出した成功事例は、
20年経った今も業界の中心に
太い柱として立っています 

「人」こそ宝。
「人」こそ商品。


私達で
業界を変える「人」を創って行きましょう。


まるで夢のような話を
語り合ったものです

しかし、
順調であった事業も
ある日、突然一変しました

2011年3月11日。
そう、あの東北大震災です。

その被災地にあった企業です。
連絡が取れません。
何度電話をしても不通です。

そんな不安な時間を経て、
再会できたのが3月29日のことでした。
まだJRが復旧していない、
代替えバスに乗り継いでのことでした。

まだ余震の続く
前夜にも一軒家が崩壊したという中のことでした。

憔悴しきったその方に
掛ける言葉が見つかりませんでした。
 
再会を約束して別れてから
数日後のことです。

被災地でありながら、
その報道から外れていたために、
必要な物資が届かない・・・。
そんな状態の中で
一本の電話をいただきました。

その内容は、

「ボランティアの方々を
 被災地に送り届けるバスを運行したい。」


という驚きのものでした

ご本人が被災地そのものにいるにもかかわらず、
さらに困っている方がいる。
その方々を助けたいという人がいる。
バス会社として、
この仕事をやってみたいということでした。

ただ、偽善者と言われたら悔しい。
便乗商法なんて言われても悲しい。
そんな話でした。

「やって下さい。
 誰が何と言おうが、
 そんなことに負けないで下さい。
 ただし、
 利益は取って下さい。
 じゃないと続けられませんから。
 そうじゃなくても、
 仕事が全くない中で、
 社員の方々を守って
 行かなければならなのですから。」

その後、
被災地へのボランティアバスの
パイオニア企業
として、
多くの方々を被災地へと
運ばれたのです 

当時は、
注目されるこの会社を見て、
多くの企業が同様に
この事業をはじめました。

しかし、
やがて秋が来て、
観光シーズンとなる中で、
儲かる観光の仕事へと戻って行きました。

しかし、
この方の会社は、
今も走り続けています。
2年以上が経過した今も変わらずに…。

被災地の方々から、
「もう来なくていい。」
と言われても行く
そんな覚悟を笑顔でおっしゃっていました。

「綿引薫氏」
この方は
私、西川丈次(にしかわじょうじ)にとって、
最幸の友であり、恩人なのです。


「おもてなしセミナー 2013.06」東京会場。
そこにこの方の姿がありました。

真っ黒に日焼けした顔が
キラキラと輝いていました。
ボランティア焼けです。

社長自らが
何度も何度も
被災地へと走り、
ボランティア活動に参加されているのです。

日焼けしたお顔を見た瞬間に
私、西川丈次(にしかわじょうじ)は、
思わず涙をこらえるのに
精一杯の状態になってしまいました。

自分の事業すら大変な時に、
人のために役立つ道を選ばれた。
そして、
その活動を今も自らが続けていらっしゃる。

「おもてなしセミナー」に会場で、
綿引氏の功績を
参加いただいた皆さんにご紹介出来ることが、
本当にうれしく、
つい言葉を詰まらせてしまいました 

素晴らしい出逢いに感謝です。
宝物の様な出逢いです。


こうして忙しい中に
駆けつけて下さる。
その「義」のある方との出逢いに感謝です。

ありがとうございます。
本当に感謝です。

そして、
その方との約束。

「人」を創る仕事をしよう

この夢に向かって、
もう一度走るエネルギーをいただいた
そんな時間に感謝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.「にしかわじょうじのメルマガ(無料)」
・・・・・・・・・・登録をお願いします


http://www.tourism-biz.com/report/login.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2.人気ブログランキングに参加しています   

      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
        「応援3クリック」 をよろしくお願いします 
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝


「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3.ホスピタリティ経営研究会のご案内

お申込み・詳細は:
http://www.tourism-biz.com/hospital/index.html

最幸のおもてなしの出来る人
・・・「ホスピタリター」を目指す人のために…。


サービスの翻訳者と言われる
「おもてなしコンサルタント 
///////西川丈次:にしかわじょうじ」」


日々の生活の中で見つけた「感動」を紹介し、
経営に如何に活かすか・・・。
現場に如何に落とし込むか・・・。

その答えを現場から伝え続け、翻訳しています。

業界不問。役職不問。
ご興味のある方ならどなたでも大歓迎です

会員特典:
1)年2回の「おもてなしセミナー(各3,000円)」
2)年4回の「会員様向け 特別ホスピタリティ・レポート」

| ホスピタリティ(おもてなし経営)コンサルタント | 09:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

観光農園・果樹園セミナー

///////////////////////////////////////////////////////

お待たせいたしました
会員様限定
   「ホスピタリティ・レポート第6号
..。。。.......................7月1日配信!!」


「ホスピタリティ経営研究会」
会員の皆様だけにお届けする
西川丈次(にしかわじょうじ)渾身のレポートが、
間もなく出来上がります

「にしかわじょうじ ブログ」
無料配信メルマガ「にしかわじょうじのホスピタリティ・レポート」
にも出ていない
「サービスの翻訳者」西川丈次(にしかわじょうじ)
年に4回だけ書く
是非、読んでいただきたい
「ホスピタリティ・レポート」です。

入会登録は:
http://www.tourism-biz.com/hospital/index.html

////////////////////////////////////////////////////////

宮内直哉(みやうちなおや)。

彼との出逢いは
2009年に遡ります。

「観光ビジネスコンサルタンツ」
創業時の相棒が
実家に帰らなければならない期限が近づく
そんな日でした。

その相棒が面接をした後に、
私、西川丈次(にしかわじょうじ)
報告をしてくれました。

「是非、逢ってもらいたい人がいます。」と。

すでに一人の採用を決めていました。
経費を考えたら、
あと一人は当然無理

しかし、
相棒の目の真剣さに
逢ってみることにしました。

しかし、
予定外の採用です。
人件費を考えると、
当時の「観光ビジネスコンサルタンツ」には
無理なことでした。

今だから話せることですが、
相棒の情熱に負けて逢うことにはしましたが、
採用は難しい。
心の中では、
来てもらう宮内には大変申し訳ないが
交通費を出してお帰りいただこう。
そんな、断らざる得ない状況だったのです。

しかし、
宮内に「観光ビジネスコンサルタンツ」
来てもらうことを決断しました。

宮内の人の目を見て話すソフトな印象と
優しい言葉使い
「この人とやってみたい。」
そう思ったのです。

事務所に来てくれた宮内は、
HPから「観光ビジネスコンサルタンツ」
クライアント企業を探り、
その分析をして持って来ていました。

資料は預かりましたが、
宮内からそれについて話を
聞くことはしませんでした。

私、西川丈次(にしかわじょうじ)から
伝えた事は、

「宮内さん、
  ネットを一旦捨てて下さい。」

というとんでもないことでした。

これまでやって来たことで
コンサルタントになるのは
簡単なことです。

しかし、
それでは直ぐにダメになってしまう。
そんな多くのコンサルタントを見て来ました。

宮内は、
長野県のリゾート企業で
役員までなった実績を持った人間でした。

現場の第一戦でも
活躍して来た人間です。

しかし、
彼の持つそうした経験、ノウハウを
最大限に活かすために、

一から「観光」と「おもてなし」を
見つめ直す時間を持ってもらいたい
と考えたのです。

宮内に託した仕事は、
入社時に一つしか言っていません。
「観光ビジネスコンサルタンツ」
ブランディングでした。

唯一、
宮内の持つネットノウハウを
殺してしまってはいけないと
託した仕事でした。

それに応えてくれました。

今、
「観光ビジネスコンサルタンツ」には
本当にたくさんの講演依頼
入ってきます。
その土台をつくってくれたのが
正しく宮内です。

また、
私、西川丈次(にしかわじょうじ)
共にクライアント企業に伺う時には、
その日に私、西川丈次(にしかわじょうじ)
話すであろう内容に合った資料を作成し、

また、

出張が多い私、
西川丈次(にしかわじょうじ)に代わって、
こまめにクライアント企業と連絡を取り、
即時、報連相をしてくれます。

そうした現場の中で、
少しづつ変わって行く宮内を
頼もしく見ていました。

しかし、
宮内にとっては、

「早く!
 一人前のコンサルタントになりたい。
 ならなければ!」


というジレンマとの闘いだったと思います。
もちろん、
「観光ビジネスコンサルタンツ」にとっても
その願いは同じでした。

そして、3年7ヶ月。
この7月。
その宮内がセミナーを
開催することとなりました。

////////////////////////////////////////////

観光農園・果樹園の方々に向けての
「旅行会社の団体旅行、
バス旅行を集客したい!」
 ~ FAX DMとホームページを使って
       団体予約を獲得する方法 ~
7月1日(月)大阪     7月2日(火)熊本
7月4日(木)長野     7月5日(金)宇都宮

http://www.tourism-biz.com/seminar6/index.html

////////////////////////////////////////////


本当に顔晴ってくれました。
相棒が去った後の
「観光ビジネスコンサルタンツ」
しっかりと支えながら…。

このセミナーでは、
宮内がかつて現場で養って来たノウハウと
この3年間に得たものとを融合させ、
進化させた
正に観光農園・果樹園の方々にとっての
「今」を生き、未来をつくるための
ノウハウ公開セミナーです。


言葉は悪ですが、
専門バカの話ではありません。
広い視野で観光業全体を見渡した話です。
是非とも、ご参加ください。

クライアント企業からの評価も高く、
お手伝いする企業も増えて来ました。
契約の更新も、
高い評価の元に経験もして、
ますます張り切っている宮内です。

応援をよろしくお願いします。

「おもてなしセミナー」における
宮内の司会は、
参加者の方々から本当に好評なんです。

私、西川丈次(にしかわじょうじ)
発見でもありましたが
お客様も和み、
私、西川丈次(にしかわじょうじ)
話やすい環境を一気に創り上げる
そんな人を温かい気持ちにさせる
そんな魅力を持った人間でもあります。

司会者の「おもてなし」とは、
これから話すものが、
如何に気持ちよく話せるか
その環境を創り出すことにあります。

話やすさの創造です。

そんな宮内が、
全ての講座を担当する
セミナーは注目のセミナーです。

私も聴きに行こうかなぁ…。


■前回に続いて:
「にしかわじょうじのメルマガ(無料)」登録をお願いします

http://www.tourism-biz.com/report/login.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■人気ブログランキングに参加しています   
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
        「応援3クリック」 をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝


「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

「西川丈次のツイッター」に加え、
 「facebook」にもチャレンジ…。

私(西川丈次)と友達になってくださ~い。
よろしくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホスピタリティ経営研究会のご案内

スタートしました

お申込み・詳細は
以下までアクセスしてください。

http://www.tourism-biz.com/hospital/index.html

会員募集中!!です。どなたでも入会いただけます。

最幸のおもてなしの出来る人
「ホスピタリター」を目指す人のために…。


サービスの翻訳者と言われる
「おもてなしコンサルタント 西川丈次:にしかわじょうじ」」
日々の生活の中で見つけた「感動行動」を紹介し、
経営に如何に活かすか・・・。
現場に如何に落とし込むか…。
そして、人との関係性を良くする。

その答えを現場から伝え続ける
「ホスピタリティ経営研究会」

業界不問。役職不問。
ご興味のある方ならどなたでも大歓迎です!

一緒に「おもてなし」で、
笑顔と元気あふれる自己と社会を創造しましょう

| 観光コンサルティング | 08:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「おもてなしセミナー」への覚悟

///////////////////////////////////////////////////////

お待たせいたしました
会員様限定
   「ホスピタリティ・レポート第6号
..。。。.......................7月1日配信!!」


「ホスピタリティ経営研究会」
会員の皆様だけにお届けする
西川丈次(にしかわじょうじ)渾身のレポートが、
間もなく出来上がります

「にしかわじょうじ ブログ」
無料配信メルマガ「にしかわじょうじのホスピタリティ・レポート」
にも出ていない
「サービスの翻訳者」西川丈次(にしかわじょうじ)
年に4回だけ書く
是非、読んでいただきたい
「ホスピタリティ・レポート」です。

入会登録は:
http://www.tourism-biz.com/hospital/index.html

////////////////////////////////////////////////////////

「おもてなしセミナー2013.06」
終了しました

今も思い出すことがあります。
この「おもてなしセミナー」の開催を
心に決めた時のことをです。

それは、
小さなことです。

しかし、
私、西川丈次(にしかわじょうじ)にとっては、
大きな一つの覚悟でもありました

「おもてなしセミナー」
最も重要視すること。
それは「事実」だけを
語るということです。


徹底して今の現場にある
「事実」をです。

本を読めば、
この話いいなぁ、
という例もたくさんあります。

でも、
それが必ずしも事実であるとは言えません。

また、
仮にそれが事実であったとしても、
それは、書いた人が話すべき事例です。

さも自分の体験・事例のように話すことを
私、西川丈次(にしかわじょうじ)は、
潔しとしません。

伝えたい「感動」「感謝」
たくさんあります。

しかし、
そこに偽りがあってはならないのです。
微塵の偽りも…。

だからこそ、
私、西川丈次(にしかわじょうじ)は、
私自身の体験しか話さない、
確認出来たことしか話さない。
そこに覚悟を持って、
貫いて来ました。

そのために、
感性を磨く。

細部にこだわることが大切です。
徹底して、
細部にこだわることが、
感性を磨きあげるのです。

当たり前のことが出来ないと、
その感性も上っ面だけのものとなり、
分かる方には、
完全に見透かされてしまうものです。

真剣さがなければ、
どんなにカッコよく飾った言葉も
滑稽なものになってしまうものなのです。

それは真実ですか
そう問いかけられた時に、
相手の目を見て偽らずに
「YES」と答えられるか

それが出来ないのであれば、
語るな
真剣に挑んで来る人に失礼だ。

だからこそ、
私、西川丈次(にしかわじょうじ)
事実を重んじて来ました。
その事実を確認するために
膨大な時間と手間とコストもかけて来ました。

それこそが、
「観光ビジネスコンサルタンツ」
根っ子だと考えるからです。
価値であると信じるからです。

それが、
「おもてなしセミナー」
そのものなのです。

決して、
語る内容が、
人が書いた、つくったものの
コピペであってはならないのです。

安易な、薄っぺらいコピペが
長い時間をかけて築いてきた信頼を
失うことにつながるのです。

コピペはやめて、
自分の言葉に責任を持とう。
感動はそうじゃないと伝わらない。

だからこそ、
本に書いてあることを語るなと
私、西川丈次(にしかわじょうじ)は、
スタッフにも言い続けております。

発信するもの、
語るものが、
本を読んでの、
あるいは、
どこかから取って来た
コピペであっては絶対にならないのです。

どんな小さなことでもです。

小さなことの積み重ねが、
感性を鈍らせる。
そして、
嘘の積み重ねが
信頼を失くして行くのです。

「おもてなし」とは、
それぞれが持つ感性に
大きく左右されるものです。

その感性とは、
素直さの中にしか養われないものです。

素直な人とは、
どんな小さなことからも、
プラス発想で学ぶ力を
持った人を言います。

過去の経験を語りたがる人に
その感性が磨かれることはありません。
その時代、その企業、そしてそのお客様。
それは、その時だけのもの。

机の上で「おもてなし」を考える。
これ程、残念なことはありません。
現場にしか答えはないのです。

その現場とは、
「今」なのです。

また、「おもてなし」
本で学ぼうとする人がいます。

「おもてなし」は、理論じゃない。
学問じゃない。
だから、本を読んで勉強することではないのです

徹底して、
現場を見ることが大切なのです。

その現場で見付けた小さな感動を
体系的にまとめて
翻訳する。
し続ける。


その覚悟の元に
スタッフと話し合い
生まれたのが、
「おもてなしセミナー」なのです。


■前回に続いて:
「にしかわじょうじのメルマガ(無料)」登録をお願いします

http://www.tourism-biz.com/report/login.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■人気ブログランキングに参加しています   
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
        「応援3クリック」 をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝


「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

「西川丈次のツイッター」に加え、
 「facebook」にもチャレンジ…。

私(西川丈次)と友達になってくださ~い。
よろしくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホスピタリティ経営研究会のご案内

スタートしました

お申込み・詳細は
以下までアクセスしてください。

http://www.tourism-biz.com/hospital/index.html

会員募集中!!です。どなたでも入会いただけます。

最幸のおもてなしの出来る人
「ホスピタリター」を目指す人のために…。


サービスの翻訳者と言われる
「おもてなしコンサルタント 西川丈次:にしかわじょうじ」」
日々の生活の中で見つけた「感動行動」を紹介し、
経営に如何に活かすか・・・。
現場に如何に落とし込むか…。
そして、人との関係性を良くする。

その答えを現場から伝え続ける
「ホスピタリティ経営研究会」

業界不問。役職不問。
ご興味のある方ならどなたでも大歓迎です!

一緒に「おもてなし」で、
笑顔と元気あふれる自己と社会を創造しましょう




| おもてなし(経営)セミナー 講演 講師 | 10:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。