FC2ブログ

観光コンサルタント西川丈次(じょうじ)ホスピタリティ・コンサルティング|ブログ

観光コンサルタントが経営支援するホスピタリティ・コンサルティング・ブログです。観光業界・旅行業界・旅館・ホテル・旅行会社・バス会社・タクシー会社・観光協会・地域活性化のために、ホスピタリティ・創客による未来へ続く企業づくりと観光まちづくりを応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「カシータ Casita」でのチャリティーセミナー

「奇跡のセミナー」

そう声をかけて下さった方がいました。

この日、この時だけの、
たった一回限りの
「カシータ Casita」チャリティーセミナーでした。

感動しました
私自身が感動しました。

前日に開催いただいた
トラベルジャーナル
「顔晴ろう!観光産業」チャリティーセミナーを終え、
朝ホテルでメールをチェックしました。

その中に、
昨日のセミナーをお聞きいただいた方から
セミナー・講演のライブ感
「生で聴けて良かった。」と
評価して下さった方からのメールが来ていました。

それは、間違いなく
私(西川丈次)がこだわって来たことです。

そして、
そのこだわりが間違っていなかったことを、
「カシータ Casita」チャリティーセミナーで、
私自信が強く感じたのです。

ビンビンと伝わって来るのです。
空気がちがうのです。
高橋滋氏の話には、
会場にいた多くの人が涙していました。

DSC05407.jpg
         「カシータ Casita」オーナー高橋滋氏

このライブ感が、
私(西川丈次)は大好きです

かつての同僚から
よく言われたことがあります。

「西川さんのセミナーって、
 泣く人が多いですね。
 私もその一人ですが…。」

何度も一緒にセミナーをした人です。

「でも、
 その都度、話の展開が分かっているのに、
 なぜか感動してしまう。
 本は一度感動したら、
 読み返してもそうはいきませんよね。
 どうしてなんでしょうね?」と。

私自身が感極まって、
声を詰まらせてしまうこともありました。

私(西川丈次)が大切にしていることは、
絶対に人から聞いたことや
本で読んだことなどは話さない。
ということです。
それらをさもそれらしく語る
話の上手な人も多いと聞きます。

私(西川丈次)は、
自分で体験、確認したことしか話しません。
話すからには、
いつも真剣さを持って望みます。

だから、自分で言うのも変ですが、
言葉に力があるのだと思います。
そして、
その時の感動を思い出すから
自分自身も自然と涙が出て来て、
声を詰まらせてしまうことがあります。

高橋滋氏も講演の冒頭におっしゃった
「これまでに350回講演をしていますが、
 一回一回真剣勝負です。」と。

だから、
それを聞く人たちの心を掴むのです。

そして、
それがライブ講演となると、
さらにその真実の言葉に力が加わるのだと思います。

その真剣さは、
テープや録音といった空間と時間を
ちがえるものの中では、伝わらないのです。


本当にすごい「奇跡のセミナー」でした。
鳥肌が立ちました。

では、ほんの少しだけその内容を…。

高橋滋氏の話の中に
こんなフレーズがありました。
「パックってリンクする。」
この意味を私(西川丈次)は、
全ての、今の時代でビジネスをする方々に
伝えたいと思います。

何でも簡単に真似のできる時代であり、
それに罪の意識や
義のない社会です。
私(西川丈次)は、
それを悲しく感じていました

マネをして利益を得て、
それが何なんだ!
その利益の意味は?
それ以上に、
マネを繰り返すことで、
その人の心を荒ませてしまう、と。

マネをする。
パクる。じゃダメなんです。

そう、高橋滋氏の言葉にある
「リンクする」が大切なのです。

私(西川丈次)は、
これを「翻訳する」と言っています。

これだ!というものに出逢った時に、
それを自らの身体の中にある経験とリンクする。
あるいは、
自らの環境やビジネスの環境にリンクするのです。
そこから、新しいものを生み出すのです。

コピーでは決してないのです。
「パックってリンクする。」とは、
まったく新しいものを創り出すということです。
高橋滋氏は、
多くの新しいビジネスモデルやサプライズを
創り出されてきました。
自らおっしゃっていましたが、
それらは、ゼロからのものは少ない。
多くは「パックってリンクした。」と。

勘違いしないでくださいね。
決して、「パックった。」と言っていません。

この「ちがい」が、
ビジネスの継続・成長に大きく起因するのです。
また、人の人生観をも
大きく変えてしまう「ちがい」なのです。


さらに大切なことは、
これだ!というものに出逢う時のために、
アンテナを高くしなければなりません。

高くするとは、経験を積み重ねるということです。

この経験を積み重ねるために、
時間とお金を惜しんではいけません。

はじめは、バラバラの経験で良いのです。
若い方は、許されるコストの中で
経験を積めば良い。
要は、それらをたくさん持っていることが、
その瞬間に出逢った時に、自分でもビックリするような
ひらめきを呼び起こすのです。


それまでの経験が、
一気に結びついて来るのです。
ものすごいスピードで…。
この経験をしてしまったら、
もう癖になってしまいます。


何でもよい。
どんなにつまらなく見えるものでも、
情報としてインプットしておく。
それが、いつ陽の目を観るかなんて、
考える必要はありません。
当然、生涯役に立たないものもあるかもしれません。
でも、
それはそうであっても、
それを知ることによって得た別の経験が、
大きな成果を生むのかもしれません。
全てはつながっているのです。

今はわずかな経験しか
持っていなくても大丈夫です。
たくさん持っていてもエゴという鍵で、
そのストックルームを固く
閉じてしまっている人も多いのですから。

だから、
素直さって大切なのです。
人の話に真剣に耳をかけ向けること。
心の扉を常に開放して、
貪欲に時間とお金をかけて、
その中に経験という財産を
ため込んで行くことが大切です。

その積み重ねた経験が、
「パックってリンクする。」
実現するのです。

2ショット
高橋滋氏と食事をしながら話しました。
「また、(セミナーを一緒に)しましょう!」と。
近いうちに必ず、実現させます。
楽しみにしていてください。


■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
       「応援3クリック」をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝

| おもてなし(経営)セミナー 講演 講師 | 12:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT