観光コンサルタント西川丈次(じょうじ)ホスピタリティ・コンサルティング|ブログ

観光コンサルタントが経営支援するホスピタリティ・コンサルティング・ブログです。観光業界・旅行業界・旅館・ホテル・旅行会社・バス会社・タクシー会社・観光協会・地域活性化のために、ホスピタリティ・創客による未来へ続く企業づくりと観光まちづくりを応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

電話応対力でおもてなし

2012年1月に、
大阪(13日:金)
福岡(16日:月)
東京(17日:火)の3日間で、

「おもてなしセミナー」を
   無料  開催
することにしました。


「想い」は伝えなければ、伝わらない!
伝わらなかった「想い」は、
無かったものと同じ。


私(西川丈次:にしかわじょうじ)は、
そう考えています。

だから、
今、伝えたい「想い」を
伝えることにしました。


「おもてなし」と「サービス」はちがう!
「作業」から生み出されるものは何もない。
その作業を「仕事」に変えなければ…。


たくさんの事例を
異業種を含めて、
そして、
その最前線を知ることで、
今日の仕事を変えることが出来ます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

         

 http://www.tourism-biz.com/hospital/index.html 

特に東京会場の後には、
「おもてなしセミナー」参加者限定の
サービスの殿堂「カシータ:Casita」での
感動体験の特別食事会を予定しています。
料金は13,000円。

「サービスの翻訳者」として、
今の「おもてなし」の現場から、
伝えたいことを、
精一杯話させていただきます。

一人でも多くの方に逢いたい

そう「想い」を込めて…。

どうか逢いに来て下さい。
よろしくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「観光ビジネスネットワーク研究会:大阪会場」
昨日は、その開催日でした。

ホスピタリティ(おもてなし=一期一会)

を根っ子として、
如何にお客様に感動を与え、
企業ファンになってもらうための、
その具体的な行動を話し合っています。
そして、
現場で実行し、結果を持ち寄り、
さらに上を目指す。
それが、
「観光ビジネスネットワーク研究会」
の目的です。

今回は、その一つのテーマとして、
「電話応対力」についての話しました。

電話対応力は、
丁寧で当たり前。

しかし、
丁寧にする目的は何か
を伝えなければならない。

参加者の方からの声です。

そうです。
その目的が明確に伝えられていないから、
行動が伴わないのです。

「丁寧に対応する。」
と、
「効率的に業務を遂行する。」
は、一見相反するように捉えがちです。

しかし、
目的が明確になれば、
実は同じなのです。


その目的とは、
顧客の創造です。
企業の信頼性を築き、
繰り返し利用してもらうお客様を
電話でも創造する。

ことにあります。

つまり、
丁寧に対応することで、
結果的に効率的な営業が
出来るということです。

分かっているはいるが、
なかなか出来ないのには、
理由があります。

丁寧に対応する。
には、ポイントとなる部分があるのです。
このポイントを押さえて、
実行することで、
効率性を生み出すのです。


具体的にそのポイントが
その効果と共に伝えられていないところに
問題があるのです。

一つの成功事例です。
参加企業の方からの話です。

修学旅行の受注をされた方から
伺った「電話対応力」における成果事例です。

修学旅行を大手数社との相見積りの結果
受注されたそうです。
その学校に、ごあいさつに行かれた
担当者と社長が、
教頭先生に質問されたそうです。

大手を含めて、多くの旅行会社との
相見積りであったにもかかわらず、
なぜ私どもにお仕事を
お任せいただけるようになったのですか

その答えを聞き、
「電話対応力」の重要性を
改めて感じられたそうです。

1.安かったから
2.営業担当が一生懸命だったから
そして、
3.電話の対応が一番良かったから

だったそうです。
3番目がポイントです。

教頭先生が、
どんな会社なのか?と、
事務所に電話をされて、
その対応力に、
任せて大丈夫という判断をされたというのです。

素晴らしい教頭です。

私(西川丈次:にしかわじょうじ)は思うのです。

修学旅行とは何か

ただ安全に行った。
ではなく、
どこで行ったかに、
大きな価値がある
ように思うのです。

この会社に任せれば、
生徒に大きな財産を残してくれる。

それも、大切な修学旅行の目的なのではないかと。

大手旅行会社との相見積り合戦で
悔しい思いをされた中小企業旅行会社の方々も多いと思います。

しかし、
受注するため要素を
大手旅行会社と同じ土俵に乗って考えていないだろうか?

自分達に出来ることを徹底的に強化する。
その努力を忘れていないだろうか?

そんな教頭ばかりではない
そうかもしれません

しかし、
事実としてそういう教頭がいたのです。
他にいないと言えるでしょうか

負けた理由を悲観的に考える前に、
すべきことをやっていたのか


やはり、
全ての原因は内にある。

そのことを改めて知るべきです。
同時に、
「電話応対力」が、
間違いなく、
その突破口を開く一つなのです。


■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
        「応援3クリック」 をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝


■週3回配信のメルマガ
http://www.tourism-biz.com/report/index.html

「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

「西川丈次のツイッター」に加え、
 「facebook」にもチャレンジ…。

私(西川丈次)と友達になってくださ~い。
よろしくお願いします。



| 旅行会社 コンサルティング | 11:05 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

| ビジネスマナーの電話応対 | 2012/03/20 10:36 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT