FC2ブログ

観光コンサルタント西川丈次(じょうじ)ホスピタリティ・コンサルティング|ブログ

観光コンサルタントが経営支援するホスピタリティ・コンサルティング・ブログです。観光業界・旅行業界・旅館・ホテル・旅行会社・バス会社・タクシー会社・観光協会・地域活性化のために、ホスピタリティ・創客による未来へ続く企業づくりと観光まちづくりを応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

誇りある観光バスドライバーの仕事

////////////////////////////////////////////////////////////

  『また、あなたに逢いたい!!』      
     
          そんなたったひとりのお客様を創り続けること…

 「感動サービス」を翻訳する 
   ................『おもてなしセミナー』
 


★開催日:6月4日(火曜日)大阪       ★お申し込み、お問い合わせ:
       6月5日(水曜日)福岡         06-6885-6335 
       6月6日(木曜日)東京         担当:植野、吉原、宮内

///////////////////////////////////////////////////////////

「ドライバーさん、
   一緒に写真を撮ろうよ

まだ、私、西川丈次(にしかわじょうじ)が、
添乗員として、仕事をしていた頃の話です。

ヨーロッパ、アメリカに多く行く機会があったのですが、
その度に感じていたこと・・・。

それが今、
多くの企業様から評価いただいている
「観光バスドライバー・マニュアル」
および
「観光バスドライバーのロ-プレ研修」

元になりました。

お客様と共に疲れた身体で空港に到着。

ネイムボードを持ったドライバーが
到着口で待っていてくれました。
ガイドの場合もありますが、
出来る限り
私、西川丈次(にしかわじょうじ)は、
そこにバスドライバーの迎えをお願いしておりました。

その迎えてもらう時の姿が
実に印象に残っているのです。

はじめて出逢うお客様との出逢い。
バスドライバーも
きっとドキドキしていたと思うのです。

いや、
ドキドキしなければいけません。

慣れてしまった「お客様との出逢い」
感動を創造する仕事
生み出せるはずがないのです。

そして、
バスに乗り込み出発。
添乗員としてのあいさつをし終わると
必ず、
マイクを寄こせと言って来たものです。

そして、
「こんにちはぁ!マイケルです。
 よろしく!」
などと片言の日本語であいさつをするのです。

もちろん、バスの中は、
一気に和みました。

バスを降りて見学する観光地でも、
常に(可能な限り)、
ドライバーの姿がありました。

ニコニコと写真を撮るお客様を見ているのです。

時には、
撮ってあげるから、
カメラを貸して下さい。
と声をかけてくれることもありました。

レストランでは、
図々しくもテーブルの真ん中にいち早く座って、
お客様を迎える・・・。

そんなドライバーすらいました。

しかし、
そのドライバーに腹を立てるお客様は
だれ一人として居ません。

ひやひやしていたのは、
添乗員の私、西川丈次(にしかわじょうじ)だけでした。

なぜなのか・・・

答えは明白です。

出逢った瞬間から心許せる
旅仲間になっているからです。
一緒に旅を楽しむ
なくてはならない同行者
にです。

そして、
日本の観光地ではほとんど見かけない
素晴らしいシーンを多く見て来ました。

バスドライバーを囲んでの記念写真です。

「ドライバーさん、
    一緒に写真を撮ろうよ


たくさんのお客様から声が掛けられているのです。

その一枚の写真に残されるバスドライバーの笑顔。

安全運転は大切です。
しかし、
観光バスドライバーの仕事の本質
果たしてそれだけで良いのか・・・。

その本質は、
「楽しい旅の思い出を
   お客様に残してあげること」

私、西川丈次(にしかわじょうじ)はそう思います。

あるバスドライバーが見せてくれた
たくさんのお客様に囲まれた何枚もの写真。

それを彼はこう言って見せてくれました。
「これは、私の誇りだ!」と。

彼はきっとドライバーという仕事を終えた後も、
それらの写真を大切にするだろう。
生きた証として。
そして、
たくさんの友人に、
自分がして来た「誇り高き仕事」を語るだろう。
これだけの人達の思い出を、
私はドライバーという仕事を通じて
創くって来たのだと。


そんな風に思ったものです。

何枚の写真に、
自分の笑顔を
お客様の旅の思い出として残せるか・・・。

観光バスドライバーの誇りある仕事とは、
その写真の中にあるように思うのです。

いい加減な仕事をしていては、
あるいは、
単なるいつもの業務の一つとしてだけの捉え方であったら、
そんな声をお客様から掛けてもらうことはできません。

マナーも、言葉遣いも、服装も・・・
やれと言われるからするのではない。
やった方が良いからするのでもありません。

その「誇りある一枚」を残すために、
全てが必要な条件
だからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■人気ブログランキングに参加しています    <観光ビジネス 経営支援・経営相談 >
      「西川丈次(にしかわ じょうじ)のブログ」
        「応援3クリック」 をよろしくお願いします。
                                 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ       感謝


「おもてなしセミナー」講演依頼
http://www.tourism-biz.com/omotenashi/index.html

「西川丈次のツイッター」に加え、
 「facebook」にもチャレンジ…。

私(西川丈次)と友達になってくださ~い。
よろしくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホスピタリティ経営研究会のご案内

スタートしました

お申込み・詳細は
以下までアクセスしてください。

http://www.tourism-biz.com/hospital/index.html

会員募集中!!です。どなたでも入会いただけます。

最幸のおもてなしの出来る人
「ホスピタリター」を目指す人のために…。


サービスの翻訳者と言われる
「おもてなしコンサルタント 西川丈次:にしかわじょうじ」」
日々の生活の中で見つけた「感動行動」を紹介し、
経営に如何に活かすか・・・。
現場に如何に落とし込むか…。
そして、人との関係性を良くする。

その答えを現場から伝え続ける
「ホスピタリティ経営研究会」

業界不問。役職不問。
ご興味のある方ならどなたでも大歓迎です!

一緒に「おもてなし」で、
笑顔と元気あふれる自己と社会を創造しましょう
















| バス会社 コンサルティング | 15:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT